Rakuten infoseek

辞書

点滴【テンテキ】

デジタル大辞泉

てん‐てき【点滴】
したたり。しずく。また、あまだれ。
「傘(からかさ)を打つ―も聞こえず」〈鴎外ヰタ‐セクスアリス
点滴注射」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てんてき【点滴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

てんてき【点滴】
スル
しずく。したたり。雨だれ。 -石をうがつ
静脈注射の一。血液・薬液を静脈内に一滴ずつしたたらせるように注入すること。栄養分の補給や輸血のために行う。点滴注射。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん‐てき【点滴】
〘名〙
① 水のしたたり。しずく。また、あまだれ。「点滴岩を穿(うが)つ」
※幻雲詩藁(1533頃)一・客舎聴雨「一声杜宇客膓裂、況此芭蕉点滴多」 〔杜牧‐夜雨詩〕
② (━する) 水がしたたること。また、したたるようにそそぐこと。
※舎密開宗(1837‐47)内「或は此塩少許に〈略〉醇厚の硫酸を点滴すれば劇く焚て消散す」
③ (━する) 「てんてきちゅうしゃ(点滴注射)」の略。
※変容(1967‐68)〈伊藤整〉一五「葡萄糖注射の点滴らしい装置がしてあり」
[補注]③は、「医語類聚〈奥山虎章〉」(一八七二)に「Instillation 点滴法」とあるが、中国のロプシャイトの「英華字典」や、その影響を強く受けた日本の「附音挿図英和字彙」(一八七三)にはないところから、②の挙例「舎密開宗」のような用法を起源とする蘭学系の訳語である可能性が高い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点滴」の用語解説はコトバンクが提供しています。

点滴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.