Rakuten infoseek

辞書

点を打つ【テンヲウツ】

デジタル大辞泉

点(てん)を打・つ
を指摘する。非難する。
「気にいらぬ女房を夫が去るに言ひ分なし、―・つ人もない」〈浄・用明天王

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てんをうつ【点を打つ】
非難する。欠点をいい立てる。 円満不可思議の御姿で何一つ点の打ち処も無いが/一隅より 晶子

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

てん【点】 を打(う)
① 詩歌・文章・書などを批評したり訂正したりして評点をつける。批点(ひてん)をつける。点を掛ける。〔文明本節用集(室町中)〕
※妻木(1904‐06)〈松瀬青々〉夏「朱を研で書に点うつや薬の日」
② 欠点を指摘する。悪い点を言い立てる。非難する。そしる。
※三河物語(1626頃)三「我家にて、汝に武辺にてんうつ者は有間敷に」
③ 記号としての点をつける。
※日本書紀桃源抄(15C後)「大師の筆を下からなげて点を打て太の字となすぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

点を打つ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

点を打つの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.