Rakuten infoseek

辞書

炭酸塩岩脈【たんさんえんがんみゃく】

岩石学辞典

炭酸塩岩脈
このような岩石は1861年に最初に南ノルウェーのランゴ地方で記載された[Kjerulf & Dahll : 1861].この岩脈はおそらく火成岩起源でCa, Mg, Feの炭酸塩で構成され,曹長石などの他に石英,ルチル,ベリルなどの珪酸塩鉱物や酸化鉄鉱物を含んでいる.炭酸塩岩脈の代わりに曹長石または鉄鉱石岩脈に移り変わり,岩脈の中には角礫化したものや母岩の破片で満たされているものがある[Kjerulf & Dahll : 1861, Broegger : 1935, Tuttle & Gittens : 1966].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭酸塩岩脈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭酸塩岩脈の関連情報

関連キーワード

文久サルデーニャ王国ドストエフスキーオセアニア史(年表)タンホイザービットリオ・エマヌエレ[2世]ブラームスブレイディリストリムスキー・コルサコフ

他サービスで検索

「炭酸塩岩脈」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.