Rakuten infoseek

辞書

炭酸ナトリウム【たんさんナトリウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭酸ナトリウム
たんさんナトリウム
sodium carbonate
化学式 Na2CO3 。工業的にはソーダ灰炭酸ソーダともいう。化学工業上最も重要な製品の1つで,1823年ルブラン法により工業的に初めて製造されたが,現在ではアンモニアソーダ法で多量に生産される。無色の粉末で,融点 851℃,比重 2.53。水溶液から 32℃以下で晶出させると 10水塩 (洗濯ソーダ結晶ソーダともいう。無色斜方晶系結晶) ,32~35℃で7水塩 (斜方晶系) ,35℃以上では1水塩 (斜方晶系,柱状晶ないし板状晶) が析出する。水に易溶,水溶液は強アルカリ性を呈する。ほかの用途には,板ガラスおよびガラス製品類の製造,水ガラス,重曹,その他各種のナトリウム塩や炭酸マグネシウムなどの炭酸塩の製造,グルタミン酸ナトリウムアミノ酸醤油の製造,中間体,染料,香料,医薬,農薬などの合成,綿糸布,羊毛などの洗浄,石鹸の製造,紙パルプの製造,水の軟化,ゴムの再生などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんさん‐ナトリウム【炭酸ナトリウム】
炭酸ナトリウム塩。無水物ソーダ灰ともいい、白色の粉末で吸湿性がある。一〇水和物洗濯ソーダともいい、無色の結晶。水溶液は強アルカリ性。石鹸・ガラス・陶器や水酸化ナトリウムなどの製造原料とし、製紙染色漂白・洗浄にも使用。化学式Na2CO3 炭酸ソーダ。ソーダ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

炭酸ナトリウム
 Na2CO3 (mw105.99).中和剤や塩水として使用.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんさんナトリウム【炭酸ナトリウム sodium carbonate】
化学式Na2CO3。俗に炭酸ソーダまたはソーダsodaと呼ばれる。無水和物はソーダ灰,10水和物Na2CO3・10H2Oは結晶ソーダまたは洗濯ソーダとも呼ばれる。化学工業上最も重要な製品の一つである。天然には,1水和物Na2CO3・H2Oがサーモナトライトthermonatrite(thermo‐は熱の意。高温での晶出に由来する名)として産出。
[性質]
 無水和物は無色の粉末。融点852℃。比重2.533。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんさんナトリウム【炭酸ナトリウム】
ナトリウムの炭酸塩。化学式 Na2CO3 無水物はソーダ灰ともよばれ、白色吸湿性の粉末。一〇水和物は無色の結晶で洗濯ソーダともいい、風解して一水和物になる。工業的にはアンモニアソーダ法で大量につくり、ガラス・石鹼・水酸化ナトリウムなどの原料とするほか、製紙・染料工業にも重要。炭酸ソーダ。ソーダ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭酸ナトリウム
たんさんなとりうむ
sodium carbonate
炭酸のナトリウム塩。俗に炭酸ソーダまたは単にソーダといわれる。無水和物にはソーダ灰(無水炭酸ナトリウム)、十水和物には洗濯ソーダ(結晶ソーダ)の名がある。自然界には一水和物(サーモナトライト)、十水和物(ナトロン)として存在する。炭酸ナトリウムを多く含んだ塩湖すなわちソーダ湖の周辺や湖底にはNa2CO3・NaHCO3・2H2Oの組成の結晶となって堆積(たいせき)しておりトロナとよばれる。このような組成の天然ソーダはアメリカ、アフリカ、エジプト、中国などに多量に産出する。古代エジプトでガラスやせっけんなどの製造に用いられた世界最初のソーダである。炭酸ナトリウムは海藻を焼いた灰の中にも含まれ、昔はこれから抽出されていた。[鳥居泰男]

製法

工業的にはアンモニアソーダ法(ソルベー法)、ルブラン法、電解ソーダ法の三つの方法があるが、現在日本ではアンモニアソーダ法以外はほとんど行われていない。この方法では食塩の飽和溶液にアンモニアを吸収させたのち、二酸化炭素を通ずる。析出してきた炭酸水素ナトリウムを焼いて炭酸ナトリウムとする。ナトリウムの利用率を高めるため、日本ではこの方法の変形として塩安ソーダ法が開発されている。
 なお、近年天然ソーダの採掘が大規模に行われるようになり、アメリカなどでは生産量の80%以上がこの方法によっている。[鳥居泰男]

性質

無水和物は白色吸湿性の粉末で、水によく溶けるがアルコールには溶けにくい。水溶液から結晶が析出する場合、32℃以下では十水和物、32~35℃では七水和物、35℃以上では一水和物となる。一水和物は白色潮解性の結晶。十水和物は風解性の結晶で、空気中で結晶水を失って一水和物となる。32℃で結晶水の中に溶ける。水溶液は加水分解して強いアルカリ性を示す。
  Na2CO3+H2ONaHCO3+NaOH
塩酸や硫酸などの強酸を加えると二酸化炭素を発生する。逆に、二酸化炭素を吸収させると炭酸水素ナトリウムが沈殿してくる。[鳥居泰男]

用途

炭酸ナトリウムはアルカリとして、またナトリウム源として広く利用され化学工業上もっとも重要なものの一つである。ガラスの原料となるほか、せっけん、紙パルプ、食品、化学薬品の製造に用いられる。また、洗濯用洗剤、医薬品としての用途もある。[鳥居泰男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんさん‐ナトリウム【炭酸ナトリウム】
〘名〙 (ナトリウムはNatrium) ナトリウムの炭酸塩。化学式 Na2CO3 無色、吸湿性のある粉末。ほかに一・七・一〇水塩がある。一〇水塩は単斜晶系の結晶でセンタクソーダともいう。せっけん、ガラス、水酸化ナトリウム、炭酸水素ナトリウムなどの原料のほか、医薬品としても用いられる。炭酸ソーダ。ソーダ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭酸ナトリウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭酸ナトリウムの関連情報

関連キーワード

アルカリ炭酸塩ソーダ規定度正塩ソーダ灰アンモニアソーダ法洗濯ソーダ無水塩

他サービスで検索

「炭酸ナトリウム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.