Rakuten infoseek

辞書

炭素鋼【たんそこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

炭素鋼
たんそこう
carbon steel
鉄と炭素を主成分とし,ケイ素,マンガンおよび不純物リン,硫黄,銅をわずかに含む鉄材料。性質はだいたい炭素量で決る。常温の炭素鋼の標準組織成分は軟らかい地鉄フェライト (α-Fe) と硬い炭化物セメンタイト ( Fe3C ) で,炭素が少ければフェライトが多くて軟らかく,炭素が多ければセメンタイトが多くて硬い。炭素量はおよそ2%以内で,これより炭素の多いものは遊離黒鉛が析出して鋳鉄になる。炭素 0.8%は,高温で安定な均一固溶体オーステナイト (γ-Fe) がフェライトとセメンタイトに共析する組成で,全面が共析組織パーライトになる (→鉄鋼の変態 ) 。これを共析鋼といい,これより炭素の少いものを亜共析鋼,多いものを過共析鋼という。この組織名称とは別に硬さによる実用区分として,極軟鋼,軟鋼,半硬鋼,硬鋼,極硬鋼の別がある。炭素鋼は 800~900℃付近からの焼入れによって著しく硬化するが,これは高温のオーステナイト固溶体が急冷のため共析できず,非平衡組織のマルテンサイトになるためである。鋼の組織成分フェライトのブリネル硬さ HB は 50~100で,セメンタイトは HB 約 820であるが,両者の合成するパーライトは HB 225程度,マルテンサイトの HB は炭素量にもよるがおよそ 600~750に達する。炭素量が多いほど焼きは入りやすい。しかしマルテンサイトはもろいので,焼戻ししてマルテンサイトを軟化させ,靭性を増してから使用する。炭素鋼は安価で,しかも炭素量,熱処理によって幅広く性質が変化するから,金属材料中最も広く使われる。炭素鋼の機械的性質を改善するため少量のニッケル,クロム,モリブデンなどを添加した低合金鋼は炭素鋼と同じ用途に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たんそ‐こう〔‐カウ〕【炭素鋼】
2パーセント以下の炭素を含有する鉄。加工が容易で、プレス成形用薄板や各種工具に用いられる。その含有量が高いほど鋼は硬くなるがもろくなる。一般的に広く使用されることから、普通鋼ともいう。→特殊鋼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たんそこう【炭素鋼 carbon steel】
普通鋼ともいう。おもな合金元素として炭素を約2%以下含む鋼で,製鋼のさいにやむをえず入る不純物の微量元素以外は含まないものをいう。この微量元素は炭素,ケイ素,マンガン,リン,硫黄の5元素で,炭素とマンガンの量で炭素鋼の特性がほぼ決まる。鋼(はがね)【木原 諄二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たんそこう【炭素鋼】
炭素含有量が通常0.02パーセント~約2パーセントの鋼。その性質は炭素含有量による。加工が容易で廉価なので、種々の圧延鋼材・ボルト・ナットなどに広く利用。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

炭素鋼
たんそこう
carbon steel
鉄と炭素の合金で、炭素含有量が2%以下のものをいう。鉄鉱石は溶鉱炉(高炉)でコークスを燃焼させて生じる一酸化炭素により鉄に還元されるが、これは約4.5%の炭素を含み、銑鉄(せんてつ)とよばれる。これを転炉に入れて酸素を吹き込み、鉄中の炭素を一酸化炭素として酸化除去して鋼とし、余分に入った酸素を除くためにマンガンやケイ素の鉄合金(脱酸剤)を適量添加したのちに固める。このようにして得られる炭素鋼はその炭素含有量によって次のように分類される。純鉄(0.03%以下)、極(ごく)軟鋼(0.03~0.12%)、軟鋼(0.13~0.20%)、半軟鋼(0.21~0.35%)、半硬鋼(0.36~0.50%)、硬鋼(0.51~0.80%)、最硬鋼(0.81~2.0%)。近年はこのように細分割してよぶことはまれであり、半硬鋼までを機械構造用炭素鋼、硬鋼と最硬鋼とをあわせて炭素工具鋼に分類したり、あるいは純鉄および極軟鋼を極低(ごくてい)炭素鋼、軟鋼を低炭素鋼、半軟鋼と半硬鋼とを中炭素鋼、硬鋼と最硬鋼とを高炭素鋼とよぶことが多い。炭素含有量が高いほど鋼は硬くなるがもろくなる。極軟鋼はプレス成形用薄板に、軟鋼は溶接が可能で、大形構造物用に、半軟鋼と半硬鋼とは車軸などの機械構造部材に、硬鋼と最硬鋼は各種工具や刃物などに用いられる。[須藤 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たんそ‐こう ‥カウ【炭素鋼】
〘名〙 炭素含有量が二パーセント以下の鋼。その含有量が高いほど鋼は硬くなるが、反面もろくもなる。炭素含有量により、極軟鋼・軟鋼・半軟鋼・半硬鋼・硬鋼・最硬鋼に、また、用途により、構造用炭素鋼・炭素工具鋼・ばね鋼・刃物鋼・ピアノ線材などに分けられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

炭素鋼
タンソコウ
carbon steel

約2質量% 以下の炭素を含むFeとCの合金.ただし,炭素鋼中には,通常,脱酸剤として添加されたSi,Mn,および不純物元素であるP,Sが含まれている.熱処理温度を適切に選定することにより,オーステナイト単相組織に制御可能であることが,炭素鋼の条件である.Fe-Fe3C系状態図によると,オーステナイト中の最大炭素固溶量は,2.14質量% であることがわかる.“約2質量% 以下”とは,オーステナイト単相組織に制御可能な炭素量という意味である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炭素鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炭素鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.