Rakuten infoseek

辞書

炊き/爨き【カシキ】

デジタル大辞泉

かしき【炊き/×爨き】
《「かしぎ」とも》
飯をたくこと。また、その人・場所。
「気の早い家は三時前から―の煙をあげた」〈三島潮騒
生活の手段。
「喰ってく位(ぐれえ)の―はどんなことをしたってつけてくれる」〈万太郎・春泥〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

炊き
 塩田で働いていた労働者(浜子[はまこ])の1つです。塩をつくる作業以外に炊事を担当していました。新入りの浜子の仕事でした。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

炊き/爨き」の用語解説はコトバンクが提供しています。

炊き/爨きの関連情報

他サービスで検索

「炊き/爨き」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.