Rakuten infoseek

辞書

災害救助犬

朝日新聞掲載「キーワード」

災害救助犬
地震で倒壊した家屋の下敷きになった人の捜索などに当たる生存者を捜すため遺体捜索は基本的に行わない。日本では阪神大震災でスイス隊が活動して以降、知名度が高まった。07年の新潟県中越沖地震など国内に限らず、海外で捜索に当たるケースもある。9月のインドネシアスマトラ沖地震や08年の四川大地震では、国際緊急援助隊として災害救助犬が捜索に当たった。日本災害救助犬協会によると、国際的な認定基準の一つとして国際救助犬連盟の認定があるという。
(2009-10-11 朝日新聞 朝刊 富山全県 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

さいがいきゅうじょけん【災害救助犬】
災害時や雪山での遭難の際、嗅覚を用いて行方不明者の捜索を行えるよう特別に訓練された犬。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

災害救助犬
さいがいきゅうじょけん
地震や土砂くずれ、雪崩(なだれ)などの自然災害やさまざまな事故による不明者を、嗅覚で探し出すように訓練された犬。警察犬が特定の個人の臭いを追跡するのに対し、災害救助犬は空気中に浮遊する不特定多数の臭いを探知するように訓練される。
 災害救助犬の育成は、全国災害救助犬協会、ジャパンケネルクラブ、日本救助犬協会、日本レスキュー協会などのほか、都道府県レベルの協会でも行われている。国内の災害への派遣のほか、2008年(平成20)5月に起きた中国・四川(しせん)大地震後の倒壊家屋の不明者捜索にも、3頭の災害救助犬が派遣されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

さいがいきゅうじょ‐けん〔サイガイキウジヨ‐〕【災害救助犬】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

災害救助犬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

災害救助犬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.