Rakuten infoseek

辞書

灰持(ち)酒/灰汁持(ち)酒【アクモチザケ】

デジタル大辞泉

あくもち‐ざけ【灰持(ち)酒/灰汁持(ち)酒】
発酵したもろみに灰を混ぜて造る日本酒熊本特産の赤酒(あかざけ)などがある。→赤酒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくもちざけ【灰持酒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本の郷土料理がわかる辞典

あくもちざけ【灰持酒】

熊本、鹿児島島根などでつくられる酒で、日本酒と同様の製法でもろみをつくり、木灰を添加してから搾るもの。灰のアルカリ性で酸味が中和され、保存性が高まる。赤褐色で甘みが強い。一般的な日本酒は火入れにより保存性を高めることから「火持酒(ひもちざけ)」と呼ばれたが、これに対していった。正月の屠蘇(とそ)、慶事の祝い酒とするほか、当地の郷土料理に欠かせない調味料としても用いる。◇熊本では「赤酒(あかざけ)」、鹿児島では「地酒(じざけ/じしゅ)」、島根では「地伝酒(じでんしゅ)」という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

あくもちざけ【灰持酒】

熊本、鹿児島、島根などでつくられる酒で、日本酒と同様の製法でもろみをつくり、木灰を添加してから搾るもの。灰のアルカリ性で酸味が中和され、保存性が高まる。赤褐色で甘みが強い。一般的な日本酒は火入れにより保存性を高めることから「火持酒(ひもちざけ)」と呼ばれたが、これに対していった。正月の屠蘇(とそ)、慶事の祝い酒とするほか、当地の郷土料理に欠かせない調味料としても用いる。◇熊本では「赤酒(あかざけ)」、鹿児島では「地酒(じざけ/じしゅ)」、島根では「地伝酒(じでんしゅ)」という。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰持(ち)酒/灰汁持(ち)酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灰持(ち)酒/灰汁持(ち)酒の関連情報

他サービスで検索

「灰持(ち)酒/灰汁持(ち)酒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.