Rakuten infoseek

辞書

【アカシ】

デジタル大辞泉

あかし【灯】
《動詞「明かす」の連用形から》
ともし火。明かり。灯火。
「町の―が其処にも此処にも見える」〈花袋田舎教師
神仏に供えるともし火。灯明。みあかし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【灯】
[名]ともしび。あかり。「ガス
[接尾]助数詞。電灯の数を数えるのに用いる。「二街路灯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう【灯〔燈〕】[漢字項目]
[音]トウ(呉)(漢) チン(唐) [訓] あかし ともしび
学習漢字]4年
ともしび。あかり。「灯火灯台灯明(とうみょう)灯油街灯幻灯紅灯消灯神灯点灯電灯尾灯万灯(まんどう)門灯
仏の教え。「伝灯法灯
[補説]「灯」と「燈」はもとは別字。「チン」は「灯」の唐音、「ドン」は「燈」の唐音。
[難読]行灯(あんどん)提灯(ちょうちん)灯心(とうしみ)鬼灯(ほおずき)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とぼし【灯/点火】
たいまつや紙燭(しそく)の類。ともし。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ともし【灯】
ともしび。とうか。とぼし。
「―は、その炎のまわりに無数の輪をかけながら」〈芥川・偸盗〉
(「照射」とも書く)夏の夜、山中の木陰にたいまつなどをもやし、近寄る鹿を射殺す方法。また、その火。 夏》「百姓の弓矢ふりたる―哉/召波」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひ【灯】
《「」と同語源》周囲を明るく照らすもの。あかり。ともしび。「窓にがともる」「町の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

森村誠一の長編推理小説。1993年刊行。棟居刑事シリーズ。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灯の関連情報

他サービスで検索

「灯」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.