Rakuten infoseek

辞書

灯台【とうだい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

灯台
とうだい
日本の古い室内照明具の一種。ろうそくのなかった平安~鎌倉時代に用いられ,江戸時代まで各様のものが発達した。台に竿を立て,竿の頂部に油皿を載せ,油を差して灯心に点火する。台の形によって菊灯台,切灯台,糞層灯台,また竿の長さによって長檠 (ちょうけい) ,短檠の名がある。そのほか禁中で公事を行うときその司の座の前に置く,3本の木を組合せてその上に土器盞 (さん) を置き,灯油を入れて点火する結灯台 (むすびとうだい) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台
とうだい
lighthouse
灯光を用いて沿岸航行の船舶陸地遠近所在,危険個所などを指示し,または入港船舶に港口の位置を明らかにするための航路標識。なお,航空機夜間または計器飛行状態下における航行援助のための施設としては航空灯台がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐だい【灯台】
昔の室内照明器具。上に油皿をのせ、灯心を立て火をともす木製の台。切り灯台・結び灯台など。
航路標識の一。港口・・島など航路の要衝に築き、主として灯光を用いて、航行中の船舶にその所在などを明示する塔状の施設。灯明台

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どう‐だん【台/満星】
《「とうだい(灯台)」の音変化》「灯台躑躅(どうだんつつじ)」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

灯台
けんのひとつ。玉を持ってけんを引き上げ、中皿を玉で受けてけんを静止させる。技の完成形が灯台に似ることから。2000年、日本けん玉協会により「けん玉の技百選」に選定

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台
英国の作家P・D・ジェイムズのミステリー(2005)。原題《The Lighthouse》。「アダム・ダルグリッシュ警視」シリーズ第13作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうだい【灯台 lighthouse】
航路標識の一つ。船に陸上特定の位置を示すために設置する塔状の構造物で,頭部に強力な灯器を備えている。また,日本の古代中世に室内で用いられた灯火具も灯台といった。ランプ
[歴史]
 灯台の歴史は古く,前280年ころエジプトのアレクサンドリアの港口のファロス島に建設された灯台は特に有名で,古代世界の七不思議の一つに数えられた。これは高さ約60m(一説では110m)の石積塔で,塔の頂部の台で枯草や木に樹脂を混ぜたものを毎夜燃やしたという。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ともしだい【灯台】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

動植物名よみかた辞典 普及版

灯台 (トウダイ)
植物。トウダイグサ科の越年草,薬用植物。トウダイグサの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台 (ドウダン)
植物。ツツジ科の落葉低木,園芸植物。ドウダンツツジの別称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐だい【灯台】
〘名〙
① 昔の室内照明具の一つ。木でつくる。形は燭台(しょくだい)に似て、上に、油皿(あぶらざら)を置いて油火をともす台。
※延喜式(927)四「造備雑物〈略〉燈台五基」
② 航路標識の一つ。港口・岬・島などに築き、夜間、主として灯光の標識を出して、航海者にその位置を知らせたり、航路を指示したりする施設。電標、音標などの標識を出す施設が併設されているものもある。灯明台。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「険処に於て壮麗なる燈台を建て〈略〉航海客の標的となす」
③ 街路を照らすために設けられた灯火。街灯。ガス灯。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「街道及び橋上の処々に瓦斯の燈台を設けて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灯台」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灯台の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.