Rakuten infoseek

辞書

火襷【ひだすき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

火襷
ひだすき
陶磁器用語。備前焼に特徴的にみられる窯変 (ようへん) の一種。窯詰めの際,作品が触れ合うのを防ぐため,器体に簡単にわらを巻いたが,焼締めているうちに,その部分だけが地色よりも淡い紅色に発色したもの。襷状や網目状のものがあり珍重された。後世,意識的に塩わらなどを巻いて焼くようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひ‐だすき【火×襷】
無釉(むゆう)の陶器にたすきを回したような(あかね)色の線状の現れたもの。焼成中に他の器と接解するのを避けるために用いた(わら)が、器肌に焼きついて自然に現れたのに始まる。備前焼の特色をなし、のちに装飾技法として用いられるようになった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ひだすき【火襷】
陶器に現れた不規則な緋色の線条。焼成の際、無釉むゆうの器面にわらなどが触れて作用し、発色したもの。塩水をしみ込ませたわら縄を巻きつけるなど人工的にも行う。備前焼に多く見られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひ‐だすき【火襷】
〘名〙 (火によってできた襷文(たすきもん)の意) 備前焼の一種。赤いたすきを廻したような斑文のあるもの。胎土は白土。全体に釉(うわぐすり)はない。〔風俗画報‐一六〇号(1898)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火襷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火襷の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.