Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

火工品【カコウヒン】

デジタル大辞泉

かこう‐ひん〔クワコウ‐〕【火工品】
ある使用目的に適するように火薬爆薬を加工・形したもの。信管雷管実包・空包・花火など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かこうひん【火工品】
火薬,爆薬を加工成形してある目的に適するように作られたもの。火工品は多種多様であるが,代表的火工品としては次のようなものがある。(1)爆薬を起爆するのに使われるもの 電気雷管および工業雷管。(2)発射薬や推進薬を点火するのに用いられるもの 火管,銃用雷管,スキッブなど。(3)時間または距離をおいて火炎や爆発を伝えるもの 信管導火線電気導火線導爆線および段発電気雷管。(4)射撃や音による威嚇などに用いられるもの 実包および空包。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

火工品
かこうひん
pyrotechnics

火薬類のうち、火薬、爆薬を使用して、ある目的に適するように加工、成型したものの総称。その種類は多く、使用目的も多様であるが次のようなものがある。爆薬を起爆させるものに工業雷管、電気雷管や信管が、発射薬に点火するものに火管や銃用雷管がある。時間または距離をおいて火炎や爆発を伝えるものに時限信管、導火線、電気導火線、導爆線および段発電気雷管がある。射撃や威嚇などにはそれぞれ実包、空包がある。音や光を出して信号の目的に使われるのは信号雷管、信号炎管、信号火せん、緊急保安円筒などである。花火も火工品の一種である。多数の新しい火工品が開発され、種々の目的に使われるようになってきている。

[吉田忠雄・伊達新吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

火工品
カコウヒン
ammunition, priming material, blasting accessories

火薬類を使用して,目的に適するように加工製造したもの.これには次の分類ができる.
(1)爆薬を爆ごうさせるためのもの:工業雷管,電気雷管.
(2)火薬に点火するためのもの:銃用雷管,火管.
(3)信号のためのもの:信号雷管,信号炎管,信号火箭(せん).
(4)時間または距離をおいて作用するようにしたもの:信管,導火線,導爆線,電気導火線.
(5)銃砲を用いて発射させる実砲,発射させるものをもたない空砲.
(6)火薬または爆薬を使用してこれを観賞し,あるいはおもちゃの目的に供するもの:煙火,玩(がん)具用煙火.
以上のように幅の広い意味をもつ火工品という用語は,外国語には適当な用語がない.十分な適語ではないが,英語をかかげておいた.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火工品」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火工品の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.