Rakuten infoseek

辞書

火傷【カショウ】

デジタル大辞泉

か‐しょう〔クワシヤウ〕【火傷】
[名](スル)やけど」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やけ‐ど【火傷】
[名](スル)《「焼け処(ど)」の意》
火炎・熱湯や高温物体、熱線などに触れて皮膚が焼けただれること。表皮部分では紅斑が生じる程度であるが、真皮(しんぴ)に及ぶとむくみ・水ぶくれなどができ、皮下にまで及ぶと壊死(えし)に陥ることが多く、治ってもひきつれやケロイドの残ることがある。かしょう
(比喩的に)失敗したり、手痛い経験をしたりすること。「先物取引に手を出して火傷する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

火傷
 熱傷ともいう.熱や腐食剤による病変をいい,摩擦電気,電磁エネルギーによるものも含まれる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かしょう【火傷】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かしょう【火傷】
( 名 ) スル
やけど」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やけど【火傷】
( 名 ) スル
〔焼け処の意〕
熱によって起こる皮膚の損傷。また、化学物質や放射線による同様の損傷をいうこともある。損傷面の広さ・深さにより四段階に分類される。範囲が体表面積の30パーセント以上に及ぶと生命に危険が生じる。かしょう。熱傷。
危険なことにかかわって、ひどい目にあうこと。
[句項目] 火傷火に懲りず

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐しょう クヮシャウ【火傷】
〘名〙 火炎、熱湯、蒸気、熱ガスなど強い熱によって起こる皮膚の傷害。やけど。〔音訓新聞字引(1876)〕〔本草綱目‐草部・垣衣・主治〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

やけ‐ど【火傷】
〘名〙 (「焼け処(ど)」の意。「やけと」とも)
① 皮膚や粘膜が高温に接した際に見られる表面変化。軽いものは充血、糜爛(びらん)から高度の時には壊死に至る。範囲が広い時には死亡することもある。熱傷。かしょう。やけつり。
※日葡辞書(1603‐04)「Yaqedoni(ヤケドニ) ワウ〈訳〉思いがけなく火や熱湯でやけどをする」
※鼻(1916)〈芥川龍之介〉「湯気に吹かれて顔を火傷(ヤケド)する惧がある」
② (比喩的に) 何かに失敗したり、痛い目をみることをたとえていう。「に手を出して火傷する」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火傷」の用語解説はコトバンクが提供しています。

火傷の関連情報

他サービスで検索

「火傷」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.