Rakuten infoseek

辞書

【なだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


なだ
兵庫県南東部,東は武庫川下流から西は旧生田川下流にかけての大阪湾岸の地域。東西約 20km。かつて灘五郷と呼ばれた清酒どころで,西宮市の今津郷,西宮郷,神戸市魚崎東郷御影中郷,岩屋一帯の西郷が,いわゆる灘五郷として知られた。天保11(1840)年,良質な地下水である宮水が発見されたのがきっかけで,伊丹池田駕する酒どころとなった。第2次世界大戦後,埋め立てによる海浜の工業地化や杜氏の減少などで条件が悪化したため,丹波杜氏出身地の丹波篠山市へ工場を移す会社が現れ,戦前ほどの盛況はみられなくなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

なだ【×灘/洋】
海で、風波が荒く、または流れが速くて航海の困難な所。「玄界―」「遠州―」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なだ【灘】[地名]
兵庫県の神戸市灘区から西宮市にかけての海岸地帯の。天保11年(1840)宮水が発見されて以来、酒造地として知られる。摂津灘
神戸市東部の区名。大阪湾に面し、沿岸工業地帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なだ【灘】
兵庫県南東部,大阪湾北岸の地区名。東は尼崎市と西宮市のの武庫(むこ)川河口から,西へ芦屋市,神戸市東灘区,灘区を経て神戸市中央部の旧生田川河口付近にまで至る。ほぼ直線状に長さ20km余にわたり,清酒の産地として知られる灘五郷を含む。東海道本線,阪神電鉄本線,国道2号,43号線が狭い市街地を東西に並行して走る。大正中期に海岸を埋め立てて,川崎造船所,神戸製鋼が進出して以来,埋立てによる工業用地の造成が相次ぎ,阪神工業地帯の重要な一角を占めるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

なだ【灘】
灘ということばは,古くは,航行に注意を要する海の難所をいったが,民俗のうえでは地方によってさまざまな意味があり,一定の用い方はされていない。例えば,福岡県糸島郡では,へ出て山影の見えなくなったところが〈ナダ〉であり,隠岐島(おきのしま)や千葉県あたりでは,にあたる村の前面の海を指して用いる。また静岡県や山口県下関市あたりでは,海上のみずからのを中心に,舟からみて陸上の方を〈ナダ〉,沖合の方を〈オキ〉と呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

なだ【灘】
兵庫県の南東部、武庫川から生田川にかけての大阪湾岸の地域。西宮市から神戸市にまたがる。1840年宮水みやみずが発見され、清酒どころとして知られるようになった。別名、摂津灘。
[句項目] 灘の生一本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


なだ
兵庫県東部、尼崎(あまがさき)市と西宮(にしのみや)市の境界を流れる武庫(むこ)川の河口から神戸市の旧湊(みなと)川河口へ至る約20キロメートルの地域。酒造に適した良質の地下水「宮水(みやみず)」が湧出(ゆうしゅつ)し、灘五郷とよばれる酒造地を形成してきた。東部から西宮市の西宮郷、今津(いまづ)郷、神戸市東灘区の東郷(とうごう)(深江、青木、魚崎(うおざき)地区)、中郷(なかごう)(住吉(すみよし)、御影(みかげ)、石屋(いしや)、東明(とうみょう)地区)、灘区の西郷(にしごう)(大石、岩屋(いわや)、味泥(みどろ)地区)の五郷である。1840年(天保11)魚崎の山邑(やまむら)太左衛門は、西宮の宮水が酒質を高めることに着目し、これを持ち帰り酒造にあて、以後、灘一帯では宮水を用いるようになったという。その後、海岸工業地帯の発達などの影響により宮水地帯は北に移っている。酒造も技術開発による近代化が進んでいる。なお、白鶴(はくつる)酒造資料館など酒造会社のつくった博物館が各地にみられる。[藤岡ひろ子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


なだ
兵庫県南東部,神戸市から西宮市にかけての臨海地で,江戸時代以来の酒造産地
武庫川と生田川にはさまれ,古くは「灘五郷」と呼ばれた。江戸前期に伊丹・池田から酒造法が伝えられ,播磨摂津の良質米,良質の水(宮水と呼ばれる),丹波杜氏 (とうじ) の技術が,大坂・江戸への船便樽廻船)の良さと重なって発達。灘酒として今日も愛飲される。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.