Rakuten infoseek

辞書

灘の酒【なだのさけ】

事典 日本の地域ブランド・名産品

灘の酒[酒類]
なだのさけ
近畿地方、兵庫県の地域ブランド。
灘で生産された清酒。灘の酒造りの起源は諸説あるが、一般的には江戸時代初期の寛永年間(1624年〜1644年)に始まったという。灘は江戸時代から灘五郷とも呼ばれる酒の名産地であった。現在の灘五郷は神戸市の灘区から西宮市にかけて西郷・御影郷・魚崎郷・西宮郷・今津郷を指す。2007(平成19)年3月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5030720号。地域団体商標の権利者は、灘五郷酒造組合。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

灘の酒
兵庫県の灘地域で生産される清酒の総合的なブランド名。同地域は江戸時代から「灘五郷」と呼ばれる名酒の産地として有名。1995年の阪神大震災では大きな被害を受けたが、地域のシンボル的産業としていち早く復活。2007年には地域団体商標に登録された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灘の酒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灘の酒の関連情報

他サービスで検索

「灘の酒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.