Rakuten infoseek

辞書

灌頂【かんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

灌頂
かんじょう
abhiṣeka; abhiṣecana
水を頭の頂に注ぐという意。元来は,インドの王の即位,立太子にあたり,大海のを注ぐ儀式のこと。それが仏教に取入れられ,菩薩最上の境地に入ろうとするとき,諸仏が智水を菩薩の頭に注ぎ,最上の位に達したことを認めること。さらに密教では,弟子頭頂に智水を注いで,仏の位を継承させることを示す。現在でも重要な儀式とされ,種々の分類と作法がある。 (1) 伝法 (阿闍梨,受職) 灌頂 阿闍梨の位を得ようとする人に大日如来の秘法を授ける。 (2) 弟子 (学法,受明) 灌頂 密教の弟子になろうとする人に授ける。 (3) 結縁灌頂 一般の人々に仏縁を結ばせるために壇に入らせ簡単な作法を授ける。 (4) 印法灌頂 伝法灌頂を行うには能力が乏しい者のために諸作法を略したもの。 (5) 作業灌頂 特定の道場で行う。 (6) 以心 (心授,瑜祇) 灌頂 師と弟子が互いの心中で行う。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐じょう〔クワンヂヤウ〕【×灌頂】
《〈梵〉abhiṣecana, abhiṣekaの訳。昔インドで、国王の即位や立太子の儀に、四大海の水をその頭頂に注いだ儀式から》
仏語。
菩薩が仏位に登るとき、法王の職を受ける証として諸仏が智水を頭に注ぐ儀式。
密教で、香水(こうずい)を頭に注ぐ儀式。灑水杖(しゃすいじょう)という棒の先に水をつけて頭に軽くあてる。受戒するときや修行者が一定の地位に上るときに行う。結縁(けちえん)灌頂伝法(でんぼう)灌頂などがある。
㋒墓石に水を注ぎかけること。
雅楽・平曲・音楽や和歌などで奥義や秘伝などを授けること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐ちょう〔クワンチヤウ〕【×灌頂】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葬儀辞典

灌頂
仏教において、頭に水をそそぐこと、あるいはに水をかけること。

出典:葬儀ベストネット
Copyright Interlink. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、内容は地域・宗派によって異なる場合があります。

世界大百科事典 第2版

かんぢょう【灌頂】
頭頂に水を灌(そそ)ぎ,その人物がある位に進んだことを証する儀式のこと。灌頂はサンスクリットでアビシェーカabhiṣekaまたはアビシェーチャナabhiṣecanaといい,もとインドで帝王の即位や立太子のときに行われた儀式で,たとえば〈即位灌頂〉においては四大海の水を頭頂に注ぎ,それによって四海に至るまでの全世界の掌握を象徴したのである。これが仏教にもとり入れられ,大乗仏教では最後の修行を終えた菩薩が悟りを開いて仏になるとき,諸仏から智水の灌頂を受けて成仏するものとされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かん‐じょう クヮンヂャウ【灌頂】
〘名〙 (abhiṣecana, abhiṣeka の訳語。水を頂に灌(そそ)ぐの意。昔、インドで国王の即位や立太子のとき、水をその頭の頂に注ぎかけた儀式から転じた) 仏語。
① 菩薩の位にあって、仏が成仏を約束する意味で行なう、仏位受職の儀式。
※観智院本三宝絵(984)下「灌頂のおこりを尋れば〈略〉この法を受ものには水を持て頂にそそぐ、これによりて灌頂とは云也」 〔華厳経探玄記‐五〕
② 真言密教の儀式の一つ。大きく分けて、伝法灌頂、学法灌頂、結縁灌頂の三つがある。
※延喜式(927)三〇「凡延暦寺八月試度年分沙彌四人〈略〉及九月十五日修灌頂衆僧菜料直布五端、合九端、省家申請、七月以前送彼寺
③ 墓参などのとき、墓石に水を注ぎかけること。
④ 和歌や、平曲、琴などの芸道で、秘伝、奥義を伝授すること。また、その儀式。
※奥義抄(1135‐44頃)下「於此巻者和歌肝心目足也。非灌頂之人者輒不開」
⑤ 第一であること。最上のもの。頂点。骨張(こっちょう)
※小夜のねさめ(1478頃)「かやうの人を尋出してこそ、物ごのみの灌頂にてもあるべけれ」
⑥ 「かんじょう(灌頂)の幡(はた)」の略。〔壒嚢鈔(1445‐46)〕
[語誌]日本では和歌や音曲の秘説・秘曲が師から伝授されるときに、灌頂の儀式が行なわれた。「灌頂」がいつごろから仏教以外の分野で使われ始めたのかは明らかではないが、「奥義抄」の例などから院政期までは遡ることができる。これが②の灌頂の儀式にならっていることは、「琵琶灌頂次第」に明らかである。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐ちょう クヮンチャウ【灌頂】
※大増補改訂や、此は便利だ(1936)〈下中彌三郎〉「くゎんちゃう 灌頂」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灌頂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

灌頂の関連情報

他サービスで検索

「灌頂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.