Rakuten infoseek

辞書

瀬戸【せと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀬戸
せと
岡山県南部,岡山市東部の旧町域。岡山平野の北東部にある。 1914年物理村 (もどろいむら) が町制施行により改称,瀬戸町となった。 1956年三机村,四ッ浜村と合体。 2007年岡山市に編入。中心地区の瀬戸は山陽本線開通後に発達した典型的な駅前地区。旧町域の大部分は,吉井川および砂川の沖積地で,モモ,ブドウの栽培が盛ん。 1960年代後半から大規模な工業団地が造成されたのを機に工場誘致が相次ぎ,住宅団地が建設されるなど,岡山市のベッドタウン化が進んだ。東部の万富 (まんとみ) には,鎌倉時代東大寺再建に使用された瓦窯跡 (国指定史跡) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸
せと
愛媛県西部,伊方町中部の旧町域。佐田岬半島中部に位置する。 1956年三机村と四ッ浜村が合体して町制。 2005年伊方町,三崎町と合体して伊方町となる。台風の通り道で石置き屋根,防風石垣が多い。伊予灘側は屈曲に富み,集落が開ける。宇和海側は変化が少ない。平地に乏しく,ウシの飼育が行なわれ,三崎牛として,東京,京阪神に出荷。柑橘類の栽培も盛ん。伊予灘に臨む三机湾はかつての真珠湾攻撃の特殊潜航艇の訓練地で,ウバメガシの茂る須賀公園の南に,慰霊碑が立つ。佐田岬半島宇和海県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸
せと
strait
両側の陸地の間にはさまれた狭い海。潮の干満によって生じる激しい潮流がみられる。広島県音戸瀬戸 (おんどのせと) などがその例である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せ‐と【瀬戸】
《「狭門(せと)」の意。「せど」とも》
相対した陸地の間の、特に幅の狭い海峡。潮汐(ちょうせき)の干満により激しい潮流が生じる。
瀬戸際(せとぎわ)」の略。
「死ぬか生きるかの―に乗っかかる時」〈露伴五重塔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せと【瀬戸】[地名]
愛知県中北部の市。良質の陶土を産し、鎌倉時代以来、日本最大の陶磁器産地。人口13.2万(2010)。
瀬戸焼」「瀬戸物」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せと【瀬戸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せと【瀬戸】
〔「狭」の意〕
相対する陸地が接近して、海が狭くなっている所。狭い海峡。
「瀬戸際せとぎわ」の略。 「死ぬか生きるかの-に乗のつかかる時/五重塔 露伴

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せと【瀬戸】
◇ 愛知県北部にある市。良質の陶土を産し、鎌倉時代から製陶業が興り、日本有数の陶磁器生産地として発展。
「瀬戸物」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔千葉県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔富山県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岐阜県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔岡山県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔石川県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〔福岡県〕瀬戸(せと)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せ‐と【瀬戸】
[1] 〘名〙
① (「せど」とも。「せ」は「狭(せ)」と同源か。「と」は、両側からはさまれて狭くなっている所の意) 狭い海峡。両方から陸地がせまっている小さな海峡。また、川の瀬の幅が狭くなった所。
※書紀(720)神代下・歌謡「天離る 鄙つ女の い渡らす西渡(セト) 石川片淵 片淵に網張り渡し 目ろ寄しに 寄し寄り来ね 石川片淵」
※義経記(室町中か)四「和田の岬を漕ぎ過ぎて淡路のせとも近くなる」
② 「せとぎわ(瀬戸際)」の略。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「禽獣と人と違た瀬戸をせり詰て見れば、此の心が有る、此の身次第にする、たった二つの間じゃに因て」
※五重塔(1891‐92)〈幸田露伴〉三三「死ぬか生きるかの瀬戸(セト)に乗かかる時」
※御伽草子・酒茶論(古典文庫所収)(室町末)「中つぎに、せとの丸つぼ、ぶんりん」
※妻(1908‐09)〈田山花袋〉一九「大きな丸い陶器(セト)の火鉢に桜炭が半ば熨になって」
[2]
[一] 愛知県北西部の地名。良質の陶土を産し、鎌倉時代加藤四郎左衛門景正の築窯後、織田信長、尾張藩などの保護の下に陶磁器の町として発展。和食器、洋食器、タイルなどの日本最大の窯業都市。昭和四年(一九二九)市制。
[二] 静岡県藤枝市の地名。→せと(瀬戸)の染飯(そめいい)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬戸の関連情報

他サービスで検索

「瀬戸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.