Rakuten infoseek

辞書

瀬戸黒【セトグロ】

デジタル大辞泉

せと‐ぐろ【瀬戸黒】
《「瀬戸黒茶碗」の美濃国天正(1573~1592)ごろに焼かれた黒無地の茶碗。薄作り筒形のものが多く、高台(こうだい)は低い。天正黒。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せとぐろ【瀬戸黒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せとぐろ【瀬戸黒】
美濃の黒釉陶器。茶碗が多く、半筒形で高台は低い。天正(1573~1592)年間、利休の好みで造られたといわれる。利休黒。天正黒。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

瀬戸黒
せとぐろ
瀬戸黒茶碗(ちゃわん)の略であるが、実際には美濃窯(みのがま)の製品。一名「引き出し黒」あるいは「天正(てんしょう)黒」ともよばれるように、桃山時代の天正年間(1573~92)に焼かれ、焼成中に窯から引き出して急速に冷却させ、漆黒釉(ゆう)の呈発を得た魅力的な茶碗である。形はほとんどが薄造りの筒形茶碗で、高台(こうだい)を小さく削り出した端厳な趣(おもむき)は声価が高い。代表作としては「小原女(おはらめ)」「小原木」「日松」「冬の夜」「有明」などの銘をもつものがあげられるが、「日松」や「有明」は織部(おりべ)黒茶碗へ移行する過程の作である。[矢部良明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せと‐ぐろ【瀬戸黒】
〘名〙 茶碗の一種。桃山時代に美濃窯で焼かれた瀬戸物。黒無地。切立形の半筒で、底が平たく、高台(こうだい)が低い。急冷するために窯から引出すときの鋏(はさみ)のあとがあるので「引出し黒」ともいう。天正黒。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬戸黒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬戸黒の関連情報

関連キーワード

天正元亀安土桃山時代(年表)朝倉氏岩成友通三好義継篠原長房島井宗室若江城小谷城跡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.