Rakuten infoseek

辞書

瀬川菊之丞(1世)【せがわきくのじょう[いっせい]】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

瀬川菊之丞(1世)
せがわきくのじょう[いっせい]
[生]元禄6(1693)?
[没]寛延2(1749)
歌舞伎俳優。屋号浜村屋。俳名路考。享保期の女方の名優。 60歳近くまで振袖が似合ったといい,天性の美貌に加えて高い伎芸の持主であった。当り役無間の鐘』『道成寺』『石橋』『女鳴神』。芸談『女方秘伝』を残した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬川菊之丞(1世)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

瀬川菊之丞(1世)の関連情報

関連キーワード

コングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)改・革虎の子渡し日韓中高生交流事業

他サービスで検索

「瀬川菊之丞(1世)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.