Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

濹東綺譚【ぼくとうきたん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

濹東綺譚
ぼくとうきたん
永井荷風長編小説。 1936年完成,37年発表。中年作家私娼との交情を中心に,四季風物詩や時代の風俗好尚なども織り交ぜて,随筆的構成のなかに作者感慨を遺憾なく流露した後期代表作

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼくとうきだん【濹東綺譚】
永井荷風の小説。昭和12年(1937)発表。作家の「わたくし」こと大江匡(おおえただす)と玉の井の娼婦お雪との交情を淡々と描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼくとうきだん【濹東綺譚】
永井荷風の長編小説。1937年4月烏有堂(私家版)刊。同年4~6月,東京・大阪《朝日新聞》夕刊連載。同年8月岩波書店刊。それぞれ本文に差異がある。老作者〈わたくし〉(大江匡(ただす))は,小説の背景とすべき場所を探して散歩の途中隅田川の向こう玉の井私娼街でそこの女お雪と知り合う。以後,彼女をたずねては休息かたがた娼家の新風俗を観察し,また昔を懐かしむ。お雪はそのうち彼を頼りにして自前になる夢をもち始め,彼のほうでは,過去に失敗の体験もあり,これ以上,深入りを避けることを決め,仲秋明月の夜をきりに,ひそかに別れを告げ,もはや逢うことをやめるという筋。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

濹東綺譚
ぼくとうきだん

永井荷風(かふう)の長編小説。1937年(昭和12)4月、烏有堂(うゆうどう)(私家版)刊。同年4~6月、東京・大阪の両『朝日新聞』夕刊に連載。8月、岩波書店刊。老作者「わたくし」(大江匡(ただす))は、浅草から隅田(すみだ)川の向こう玉の井のあたりを散歩の途中、夕立にあい、傘に入れてやった私娼窟(ししょうくつ)の女お雪と馴染(なじ)みになる。そのうち、女が彼を頼って自前になろうという夢をみ始めたので、仲秋の明月の夜、彼女に「袷(あわせ)」代を贈ったのを最後として、これ以上、深い関係になることを避け、以後相会うことを断念するという筋。作者の反時勢的な文明批評と陋巷(ろうこう)・狭斜(きょうしゃ)趣味とが渾然(こんぜん)一体となった、昭和期の代表作とされる。

[竹盛天雄]

『『濹東綺譚』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼくとうきたん【濹東綺譚】
小説。永井荷風作。昭和一二年(一九三七)発表。作家の「私」こと大江匡(ただす)と、偶然知り合った玉の井の私娼お雪との交情を通し、人の世の哀れを詩情豊かに描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濹東綺譚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濹東綺譚の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門戦間期(年表)バラングルートヘニー数学基礎論

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.