Rakuten infoseek

辞書

濁音【だくおん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

濁音
だくおん
日本語の音韻の一範疇で,仮名文字表記において濁点をつけて書き表すモーラをさす。清音および半濁音に対する。ガザダバの各行があり,いずれも有声子音で始まる(→有声音)。現代共通語ではその子音は /g(ŋ),d,z,b/ で,/k,t,c,s,p/ に対する有声音素である(ただし音素交替では /b/ は /h/ に対する)。しかしながら,有声性と濁音とは必ずしも一致しない。ナマラ行(さらにアヤワ行およびンも)は有声子音で始まるが濁音ではない。本来の濁音を「本濁」というのに対し,タル(樽)―サカダル(酒樽)のようなものを連濁(「連声濁」「新濁」)という。奈良時代の日本語では,自立語の語頭に濁音は立たなかったといわれる。濁音符(濁点)は仮名の右肩に「 ゛」を打つが,もと声点(しょうてん)から生じたもので,清音の「◦」「・」に対し,「◦◦」「・・」が用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だく‐おん【濁音】
五十音図のカ・サ・タ・ハ行の仮名に濁音符「゛」を付けて表すガ・ザ・ダ・バの各行の音節。濁音の各頭子音は有声音である。なお、清濁の対立は有声・無声音の対立関係とは必ずしも一致しない。→清音半濁音拗音

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

だくおん【濁音】
五十音図のガザダバ4行のかなに対応する音節を伝統的に濁音とよび,かなの右肩につける[]を濁音符また濁点という。清音に対する濁音であること,また濁音になることを〈にごる〉ということがある。清音と濁音との対立は,必ずしも無声音と有声音との対立に一致しない。たとえば,タとダとでは,その相違は無声のt‐対有声のd‐にあるが,ハとバとの相違はh‐とb‐との相違になっている。しかし,これも古くさかのぼれば,元来はp‐とb‐との対応であったものと推定される。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

だくおん【濁音】
ガ・ザ・ダ・バ行音とそれらに対応する拗音。カ・サ・タ・ハ行の仮名の右肩に濁点「゛」をつけて表す。原則として、有声無声が音韻論的に対立する場合、有声子音の含まれる音節をいう。 → 清音半濁音

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

濁音
だくおん
日本語の濁音とは、濁点をつけた仮名文字で表す音節(拍)で、濁音に発音することを「にごる」といい、清音に対立する。狭義の清音カサタハ行の頭子音と、調音の位置や方法が同じ(またはかつて同じだったとされる)有声子音の拍であるガザダバ行とその拗音(ようおん)の拍を濁音とすることで、両者を清濁の対応としてとらえている〔例、カ(蚊)とガ(蛾)は[k]と[g]の、マト(的)とマド(窓)は[t]と[d]の対応〕。
 上代は万葉仮名で清濁別の文字を使ったが、平仮名・片仮名には別文字の書き分けがなく、同じ仮名で清濁両様に用い、のちに濁声点(や‥)などで濁音を示すことがあり、近世以降は肩に濁点を付す形が一般的となった。なお、第一拍清音の語が複合語の後部成素となって濁音化することを「連濁」といい、多少の法則がある。また、濁音は漢語が日本語に定着するまで原則として語頭にたたず、和語で濁音で始まる語は、ガニ、ゴミ、ドブ、ドロ、ビリなど価値の低いものが多い。[秋永一枝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だく‐おん【濁音】
〘名〙 五十音図のカサタハ四行のかなの受け持つ音韻には、その頭子音が無声の場合、有声の場合があるが、前者を清音というに対し後者を濁音という。かなが濁音に読まれるべきことを示すために、そのかなの右肩に濁点を添える。→清音半濁音
※両足院本山谷抄(1500頃)四「濁音から清音へうつるを一均と云ぞ」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「すべて田舎唄は、濁音で音声がだみてゐやす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

濁音」の用語解説はコトバンクが提供しています。

濁音の関連情報

他サービスで検索

「濁音」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.