Rakuten infoseek

辞書

【ゲキ】

デジタル大辞泉

げき【激】[漢字項目]
[音]ゲキ(慣) [訓]はげしい
学習漢字]6年
勢いが強い。はげしい。「激化激減激情激戦激痛激動激突激流激烈過激急激
強く勢い立たせる。感情を突き動かす。「激越激昂(げきこう)激励感激憤激
(「戟(げき)」の代用字)ちくちくと刺す。「刺激

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げき【激】
[接頭]形容詞の語幹の上、動詞の連用形の上などに付いて、俗に、程度がはなはだしいことを表す。「うま」「痩せ」「レア」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

げき【激】
( 接頭 )
(形容詞の語幹の上に付いて)程度や勢いのはげしさ・強さが普通ではない意を示す。 「 -辛から」 「 -安」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げき‐・す【激】
〘自他サ変〙 ⇒げきする(激)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げき‐・する【激】
[1] 〘自サ変〙 げき・す 〘自サ変〙
① はげしくなる。あらだつ。激烈になる。
太平記(14C後)八「甲冑に映ぜる朝日は、電光の激(ゲキ)するに異ならず」
② はげしくぶつかる。衝突する。
※和漢朗詠(1018頃)上「誰か謂っし花ものいはずと 軽漾(けいやう)激して影脣を動かす〈菅原文時〉」
※太平記(14C後)二二「左右に激(ゲキ)し、八方を払ひ、破(わ)っては返し、帰しては進み」
③ 感情が高まる。興奮する。いきりたつ。激怒する。
※中華若木詩抄(1520頃)上「激して云た心也」
※土(1910)〈長塚節〉一〇「被害者の家族は律義者で、皆激(ゲキ)し切って居る」
[2] 〘他サ変〙 げき・す 〘他サ変〙
① はげしくする。あらだてる。
※日本道徳論(1887)〈西村茂樹〉五「一家内の争論に他人より挿口するは却て彼の怒を激するの恐れもあることなれば」
② はげます。奮激させる。
※漢書列伝竺桃抄(1458‐60)張馮汲鄭第二〇「なれども文帝を激させまいせうとてかふ云たぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

激の関連情報

他サービスで検索

「激」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.