Rakuten infoseek

辞書

潰瘍【かいよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

潰瘍
かいよう
ulcer
皮膚や粘膜面における限局性組織欠損をいう。横や深部広がりはまちまちで,浅いものはびらんという。眼の角膜消化管血管に生じやすい。胃腸では,潰瘍が深くなって穿孔を起したり,大出血を伴ったりする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐よう〔クワイヤウ〕【潰瘍】
皮膚・粘膜などの表層がただれて崩れ落ち、欠損を生じた状態。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

潰瘍
 消化管の組織が欠損した状態で,表面の粘膜のみが欠損したびらんと区別する.胃潰瘍,十二指腸潰瘍,結腸潰瘍などと使う.皮膚についてもいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいよう【潰瘍 ulcer】
壊死をおこした組織が融解したり,剝離(はくり)したあとに,臓器の表面にできた組織欠損部をいう。ごく浅いものは糜爛(びらん)といわれる。潰瘍ができる場所は,壊死物質が容易に除去される部位,すなわち,皮膚,鼻口腔粘膜,角膜など体表に接する場所や,消化管,気道尿路,血管などの管腔臓器の内腔面である。肝臓や腎臓などの実質臓器の中にできた壊死巣の場合は,壊死物質の排除が困難であるため,その場所にたまり,膿瘍ができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいよう【潰瘍】
体の組織の表面が炎症をおこしてくずれ、内部の組織にまでその傷が及ぶこと。 「胃-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

潰瘍
かいよう
生体が外側あるいは外側と連絡している腔(こう)に面している部分、すなわち皮膚や粘膜の一部に物質欠損を生じた場合、これを一般に潰瘍とよんでいる。ただし、皮膚の欠損がごく表層に限られていたり、粘膜の欠損が粘膜筋板を越えない場合は、びらん(糜爛)とよび、潰瘍とは区別されている。潰瘍は、組織の一部におきた欠損によって、その部分に壊死(えし)(局所的な組織の死)がおこり、それが脱落あるいは融解して生ずるものである。壊死の原因には、血液の循環障害による局所的な栄養障害(梗塞(こうそく))のほか、高熱・低温などの温度作用、薬物・毒物の作用、機械的な作用、圧迫による障害、電流あるいはレントゲンやラジウムなどの放射線の作用、神経の障害(レイノー病など)、腺(せん)分泌ないしは排泄(はいせつ)物が誤って組織内に流出した場合など、さまざまな因子があげられる。
 臨床的には、消化管に潰瘍を形成する諸疾患が重視されている。胃および十二指腸の潰瘍が代表例であり、急性のものは多発することが多く、尿毒症、頭部外傷後、あるいは広範な火傷などに合併してみられる。一方、慢性のものは潰瘍の周辺に結合組織線維が増えるため、硬く盛り上がった状態になるので、胼胝(べんち)性潰瘍とよばれたり、胃液の消化作用が重要な関係を有するとの考えから、消化性潰瘍とも呼び習わされている。胃および十二指腸の慢性潰瘍は、出血、穿孔(せんこう)、狭窄(きょうさく)、癌化(がんか)をおこすことが知られており、その原因としては、胃液の消化説以外に、血行障害説、胃炎説、神経ストレス説、内分泌説などが提唱されている。胃潰瘍は40歳代の、十二指腸潰瘍は20歳代の男性に好発する疾患である。腸チフス、腸結核症は小腸、とくに回腸に潰瘍を形成する疾患であり、細菌性赤痢(せきり)、アメーバ赤痢は大腸に潰瘍をつくる病気として知られている。さらに特殊なものとして、小腸の回腸末端に小さい潰瘍を伴う限局性回腸炎(クローンCrohn病)と、大腸全体に潰瘍が多発、癒合する潰瘍性大腸炎がある。[渡辺 裕]
 限局性回腸炎と潰瘍性大腸炎はともに原因不明の病気で、国の特定疾患治療研究事業対象疾患に指定され、炎症性腸疾患(IBD)ともよばれる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐よう クヮイヤウ【潰瘍】
〘名〙 体表面あるいは腔内面の一部が深部まで欠損した状態。粘膜層、角膜上皮層、皮膚表皮層などの組織にみられ、壊死(えし)をまず起こし、これがはがれたり、溶けたりすること。
※思ひ出す事など(1910‐11)〈夏目漱石〉一三「潰瘍(クヮイヤウ)の出血を抑へ付けるといふ療治法」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潰瘍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

潰瘍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.