Rakuten infoseek

辞書

潮騒【シオサイ】

デジタル大辞泉

しお‐さい〔しほさゐ〕【潮騒】
《「しおざい」とも》潮の満ちてくるときに、波の騒ぎ立つ音。
[補説]書名別項。→潮騒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しおさい【潮騒】[書名]
三島由紀夫長編小説。昭和29年(1954)刊行伊勢湾小島を舞台とする、純朴な青年と少女の恋愛物語。古代ギリシアの牧歌小説「ダフニスクロエ」に着想を得た作品。第1回新潮社文学賞受賞。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しおさい【潮騒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しおさい【潮騒】
〔「しおざい」とも〕
潮がさしてくる時の波の音。寄せ来る波が立てる音。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しおさい【潮騒】
小説。三島由紀夫作。1954年(昭和29)刊。太陽あふれる歌島の、若く健康な肉体と精神を持つ男女の恋物語を、ギリシャ的様式美のうちに描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

潮騒
しおさい
三島由紀夫の小説。1954年(昭和29)新潮社刊。歌島という小さい島の漁師の青年新治は金持ちの娘初江と知り合い、互いに愛するに至る。その後2人はさまざまな障害と誤解に出会うが、嵐(あらし)の中を航海したときの新治の英雄的行為が人々に知られ、初江の父も新治を認めて2人は結ばれる。作者がギリシア旅行から得た健康な行動人の理想を、牧歌的なロマンスに仕立てたもの。知識人の内省や思想の対極に位する明るい健康を主題としたため、問題意識の深さには欠けるが物語性の豊かな作品。[磯田光一]
『『潮騒』(新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しお‐さい しほさゐ【潮騒】
[1] 〘名〙 (現代は「しおざい」とも) 潮の満ちてくる時に、波が音をたてて騒ぎ立つこと。また、その音。
※万葉(8C後)一・四二「潮左為(しほサヰ)にいらごの島辺漕ぐ船に妹乗るらむか荒き島廻を」
[2] 小説。三島由紀夫作。昭和二九年(一九五四)刊。伊勢湾の小島を舞台にした恋愛小説。様々な障害をのりこえ結ばれる島の海女の息子新治と船主の娘初江の物語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮騒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

潮騒の関連情報

他サービスで検索

「潮騒」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.