Rakuten infoseek

辞書

潮岬【しおのみさき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

潮岬
しおのみさき
和歌山県最南端,太平洋に突出する。本州最南端に位置し,串本町に属する。長さ約 900mの砂州紀伊半島と結ばれた陸繋島で,標高 40~60mの海食台地から成る。台地上には上野 (うわの) ,出雲などの集落があり,各家は防風林石垣で囲まれている。黒潮の影響で気候は温暖。岬には明治時代に点灯した潮岬灯台測候所があり,1961年には観光タワー,72年には周遊線も完成して観光化が進んでいる。吉野熊野国立公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しお‐の‐みさき〔しほ‐〕【潮岬】
和歌山県西牟婁(にしむろ)郡串本町にある、本州最南端の岬。串本と砂州で結ばれた陸繋島(りくけいとう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しおのみさき【潮岬】
紀伊半島南端にある陸繫(りくけい)島。和歌山県串本町に属する。岬の先端は北緯33゜25′54″に位置し,本州最南端である。かつて島であったと思われるが,砂州によって本土と結ばれた。斑レイ岩からなり,表面はその風化した淡い黒ボク土壌が広がる。紀伊半島の海岸と同様に海岸段丘が発達し,標高40mと60m付近に平たん面が広がっている。温暖な気候を利用して,花卉の暖地栽培が行われている。大坂~江戸の廻船はこの沖合を回ったため,近世には岬の南西の上野(うわの)に遠見番所が置かれていた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しおのみさき【潮岬】
紀伊半島南端、太平洋に突出する本州最南端の岬。岬一帯は海抜40~80メートルの平坦な隆起海食台地からなる陸繫りくけい島。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

潮岬
しおのみさき
潮ノ岬、潮御埼、塩の岬とも書く。和歌山県南部、東牟婁(ひがしむろ)郡串本(くしもと)町にある岬。太平洋に臨む先端は北緯33度26分で本州最南端にあたる。串本から長さ約900メートルの砂州で結ばれた面積約7平方キロメートルの陸繋島(りくけいとう)の南端の岬で、岬の崖(がけ)上には1873年(明治6)点灯の潮岬灯台や観光タワーがある。
 なお、1889年(明治22)から1955年(昭和30)の串本町への合併まで陸繋島だけで潮岬村だったので島全体を潮岬ともよぶ。平坦(へいたん)な海成段丘で、集落には屋敷林や石垣がみられる。周囲は20~40メートルの海食崖(がい)をなす。吉野熊野国立公園域。島にはかつて捕鯨を行った出雲(いずも)、上野の漁村がある。[小池洋一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しお‐の‐みさき しほ‥【潮岬】
紀伊半島南端の、太平洋に突き出た岬。和歌山県串本町に属する。もともと、東側の大島と同様に島であったが、砂州によって本土とつながった。本州最南端の地で、岬の先端に潮岬灯台がある。塩崎。潮御崎。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

潮岬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

潮岬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.