Rakuten infoseek

辞書

漸新世【ぜんしんせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漸新世
ぜんしんせい
Oligocene Epoch
地質時代の年代区分の一つで,新生代に属する古第三紀を三分した際の最後。1854年 E.バイリヒが命名。約 3390万年前から約 2303万年前の期間。チャールズ・ライエルの百分率法区分では貝化石中の現世種が 10~15%のものを漸新世とした。2期に区分される。漸新世の前~中期アルプスの著しい褶曲が形成された時期にあたる。全地球的に温暖な時期。動物界では海生動物で有孔虫類貝類が特徴的である。貨幣石ヌムリテス)がこの時代末期に急減し,ミオジプシナが後半に出現する。始新世に出そろった霊長類を含む有胎盤陸生動物が引き続き発展した。デスモスチルス類が後半に出現した。植物はジュラ紀にすでに出現した被子植物が繁栄した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜんしん‐せい【漸新世】
地質時代の区分の一。古第三紀を3分した場合の最後の時代。3800万年前から2400万年前まで。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんしんせい【漸新世 Oligocene】
地質時代の区分の一つ。新生代第三紀の中ごろ,約3800万年前から2500万年前までの時代。この時代は前の始新世の海進期に続く海退期で,世界中で地層の欠如している地域が多い。日本でも西南日本の太平洋岸を除いては,小区域に分布するだけである。気候は現在程度か,現在よりやや温暖。この時代の中ごろから,それまで広い海域であったアルプス・ヒマラヤ地帯に陸地が現れ,その後の著しい隆起の前駆をなしている。地質時代鎮西 清高】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんしんせい【漸新世】
新生代古第三紀を三つに区分した場合の最後の時期。約三八〇〇万年前から二四〇〇万年前までの期間。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

漸新世
ぜんしんせい
Oligocene
地質時代の時代区分の一つで、新生代の古第三紀を三つに分けたときの最後の時期。およそ3390万年前から2303万年前までの時代をいう。漸新世に形成された地層を漸新統という。気候はしだいに寒冷化した。著しい海退期にあたり、地層の分布が狭い。この時代の後半にはヒマラヤ―アルプス山脈で激しい造山運動が始まり、その後の激しい隆起で現在のような山脈ができた。動物界では現在と共通する種はまだきわめて少ない。[山口寿之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんしん‐せい【漸新世】
〘名〙 地質時代の時代区分の一つ。新生代、古第三紀の最後の時代。有孔虫、斧足類が栄え、哺乳動物や被子植物の発達が著しい。また、日本列島には大規模な断層運動が起こった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漸新世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漸新世の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.