Rakuten infoseek

辞書

漢方【かんぽう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漢方
かんぽう
中国の伝統医学の影響下に日本で発達した医療体系で,漢方医学ともいう。これに対して日本固有の医術和方と呼び,江戸時代中期に日本に入ったオランダ医学蘭方,以後のドイツ,イギリスのものを洋方と称した。現在,中国では伝統的な医学,医療を中医学と呼んでいる。中国医学の導入は,414年新羅から良医を招いたときといわれているが,隋,唐と直接交流が始ってから医書,医薬,医人を通して次第に体系を整えてきた。また僧鑑真 (がんじん,688~763) が教化のかたわら医療も伝えたという。古典としては張仲景の『傷寒論』『金匱 (きんき) 要略』 (200頃) ,李時珍 (1518~93) の『本草綱目』などが有名。江戸時代には吉益東洞 (1702~73) による古典への復帰が提唱される一方,漢方医の一部は漢蘭折衷,一部はそのまま蘭方に走った。明治政府はドイツの影響を受けて漢方廃止を策したが,近年,再評価されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

漢方
5~6世紀以降に伝わった中国の医学を起源とし、独自に発展した日本の伝統医学。薬のつくりかたは約1800年前に編纂(へんさん)された中国の古典「傷寒論」などにもとづく。日本の医療用では葛根湯など148種類ある。2013年の生産額は約1600億円で、医薬品市場全体に占める割合は2%強。
(2015-11-28 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

かん‐ぽう〔‐パウ〕【漢方】
中国から伝わった医術。皇漢医学。漢方医学。
[補説]「漢法」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんぽう【漢方】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かん‐ぽう ‥パウ【漢方・漢法パフ
〘名〙 中国から伝わって日本で独自の発展をとげた医術。西洋医学に対していう。漢方医学。〔和英語林集成(初版)(1867)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漢方の関連情報

他サービスで検索

「漢方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.