Rakuten infoseek

辞書

漢倭奴国王印【カンノワノナノコクオウノイン】

デジタル大辞泉

かんのわのなのこくおう‐の‐いん〔カンのわのなのコクワウ‐〕【漢倭奴国王印】
福岡市東区の志賀島から出土した金印。天明4年(1784)に発見。文は「奴国王」の5字が刻まれている。西暦57年、奴国王が後漢朝貢し、光武帝より印綬を受けたという「後漢書東夷伝にみえる印といわれる。倭奴国王印(わのなのこくおうのいん)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんのわのなのこくおう‐の‐いん カンのわのなのコクワウ‥【漢倭奴国王印】
天明四年(一七八四)、福岡市東区志賀島(しかのしま)で発見された金印(きんいん)。縦、横とも二・四センチメートル、高さ〇・九センチメートルの上に高さ一・五センチメートルの鈕(つまみ)がついていて、印面には「漢委奴国王」の文字が刻まれているが、「委奴」は「倭奴」かという。「後漢書‐東夷伝」の光武帝が、朝貢した奴国に印綬を授けたという記事に照応するものと考えられている。倭奴国王印。いどこくおうのいん。金印。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢倭奴国王印」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漢倭奴国王印の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.