Rakuten infoseek

辞書

漕運【そううん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

漕運
そううん
Cao-yun; Ts`ao-yün
中国,諸王朝が租税として徴収した米麦,などを水路によって国都へ輸送するために設けた制度。広義には国都から地方へ,また地方相互間,および海運による場合も含む。その起源はの匈奴討伐で,軍糧を北辺へ輸送したことに始るといわれるが,制度化するのは以後である。漢は華北平野の米粟を黄河から渭水をさかのぼって長安に輸送した。しかし運の重要性がさらに高まったのは隋,唐以後で,前代より江南地方の開発が進み,その経済力が華北をしのぐにいたったので,隋ではいわゆる大運河を開いて江淮の米粟を都に運んだ。唐では玄宗の頃,国費の膨張に対処するため水陸運使,転運使を設けて制度を整え,江淮から洛陽まで直接輸送する直達法を採用した。しかしこれは各河川間の調節が困難で,開元 22 (734) 年裴耀卿 (はいようけい) の改革により転搬法に改められた。安史の乱でこの制が崩壊したのち,転運使劉晏の改革により各河川に適した漕を造り,漕夫を官傭にし,揚州などに倉庫を設けるなど,より完全な方法が施行された。しかし唐末の藩鎮跋扈により漕運は一時途絶した。は唐制を踏襲してさらに整備し,各地に転運使を設け転搬法を行なったが,のち直達法に変った。元は初め運河を開き,河運によろうとしたが失敗し,のち海運に切替えた。明も初めは海運を行なったが,元の会通河の改修後は河運だけとなり,その方法も官民の分担による支運から,農民が耗米 (めべり) と脚米 (運賃) を出し,運軍が輸送を担当する兌 (だ) 運,改兌運と変遷した。清はほぼ明制を踏襲し,淮安に漕運総督をおいて漕運を総轄させ,一代改兌運を施行したが,道光 28 (1848) 年以後は汽船を利用した海運を始め,光緒 27 (1901) 年にいたって漕運は全面的に廃止され,民運にまかされることとなった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そう‐うん〔サウ‐〕【×漕運】
船で物を運ぶこと。運漕

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そううん【漕運 cáo yùn】
中国の歴代王朝が,租税として徴収した諸物資,とくに米穀を水路によって国都へ輸送するための制度。すでに戦国時代,宋やでは国都を中心に運河を開いて東南の物資を運び,初めて全国を統一した秦でも国都に多量の物資を集めるのに,水運を利用したはずであるが,詳しい事情はわからない。漢は長安に都をおいたので,関中で生産される食糧だけでは足らず,東方から年々数百万石(漢の1石は約20kg)の米穀を運ばねばならなかった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そううん【漕運】
船で物を運ぶこと。 曰く牧畜曰く開墾曰く-/新聞雑誌 45
中国の歴代王朝が、租税収入である食糧を運河などを利用して江南から首都へ運ぶこと。また、その制度。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

漕運
そううん
中国の歴代政権が、租税収入の一部(漕糧)を、財政基盤を支えるために、首都へ水運する制度。歴代の王朝は軍・民を組織し、その法制を定めたが、その初めは漢で、以後、歴朝は首都が移っても経済圏がかわっても、水運ルートを整えてこれに対応した。初めは江北から長安へ、隋(ずい)以後は江南から長安、(べんけい)(開封(かいほう))へ、元以後は江南から大都(北京(ペキン))へとかわり、その運営の成否が政権の盛衰を左右したといえる。唐が618年長安に都し、国際色豊かな、当時の世界に冠たる文化を創造し、その名をとどろかして300年近くの命脈を保ったのは、隋がその命運を賭(か)けて開いた大運河を十分に利用し、軍・民の協力する転般法という輸送組織をつくり、裴耀卿(はいようけい)、劉晏(りゅうあん)らがこれを改善しながら、毎年200万~300万石(1石はいまの日本の3斗3升~4斗1升。1升は1.5キログラム)を水運し、膨張する国費をまかない続けるなど、江南の新興経済力を長安に直結することに成功したためである。これに反し、元が1271年大都に都し、ヨーロッパ大陸まで広がる大帝国を建設しながら100年足らずの中国支配で滅んだ一因は、江南の経済力を大都に生かそうとして揚子江(ようすこう)口から大都へ海上の漕運路を開いたものの、海事に疎いモンゴル人の海運組織の弱さと海難事故の頻発とによって、漕糧の輸送額が安定せず、したがって財政基盤が不安だったことにある。そして明(みん)は、1415年大運河の改修に成功し、兵制に繰り込まれた輸送組織をつくり、支運法、兌(だ)運法、改兌法などと時勢にあわせて漕運法を改善しながら、年400万石(当時の1石はいまの日本の約6斗)を定額として漕糧を絶えず江南から供給したので、約300年の政治的安定を得た。清(しん)も1644年北京に都しながらも、元のように失敗せずにほぼ300年間栄えたのは、明の方式を継承し多少改良して確立した漕運制度に負うところが多い。[星 斌夫]
『星斌夫著『大運河発展史』(平凡社・東洋文庫) ▽星斌夫著『大運河――中国の漕運』(1971・近藤出版社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そう‐うん サウ‥【漕運】
〘名〙
① 船を漕いで物を運ぶこと。船で物を運ぶこと。運漕。
日本外史(1827)一「清盛常愛福原、又築島其南、以便遭運
※明治月刊(1868)〈大阪府編〉三「各省貨物は河水を流れてさるが如く漕運(ソウウン)の道甚だ便利なれば」 〔隋書‐郭衍〕
中国の歴代王朝が、国家的な組織・統制のもとに税糧などを河川や運河で地方から京師へ輸送した制度。一九〇一年廃止され、民運にかわった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

漕運
そううん
中国で国家の統制下に官用の物資,おもに米・粟・絹・銭などの税収を水路で輸送すること
元・明代には海運が併用された。戦国時代のころから水路が開かれ,秦・漢代に発展。隋・唐代には江南開発が進み,漕運が発達し,五代をへて宋代にこの傾向が顕著となった。元が都を現在の北京に置くに至って,大運河の系統完備,漕運は海運と並んで重要な国家業務となった。1904年,漕運総督が廃され,その歴史的使命を終えた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漕運」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漕運の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.