Rakuten infoseek

辞書

【エン】

デジタル大辞泉

えん【演】[漢字項目]
[音]エン(呉)(漢) [訓]のべる
学習漢字]5年
意味を押し広める。引き延ばしてわかりやすく説明する。「演繹(えんえき)演義演説講演
技を展開する。芸能などを実際に行ってみせる。「演技演芸演劇演習演出演奏開演共演競演公演実演主演出演助演上演熱演力演
[名のり]のぶ・ひろ・ひろし
[難読]演物(だしもの)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん・じる【演】
〘他ザ上一〙 「えんずる(演)」の上一段化した語。
※文化防衛論(1968)〈三島由紀夫〉戦後民族主義の四段階「民族主義を、米軍基地の柵内で演じることは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん‐・ず【演】
〘他サ変〙 ⇒えんずる(演)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん‐・ずる【演】
〘他サ変〙 えん・ず 〘他サ変〙 (「えんする」とも)
① 言葉に述べる。詳しく述べる。説明、解釈、意見などを述べる。
※寛永刊本江湖集鈔(1633)二「山谷演雅詩も爾雅を演ると云心ぞ」
※独逸日記〈森鴎外〉明治一九年(1886)一月二九日「夜地学協会の招に応じ、日本家屋論を演ず
② 劇、映画、舞踊、音楽などの芸能を行なう。また、その中で、ある役をつとめる。
小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「演劇と奇異譚とは〈略〉ただ新奇なる話談をのみ旨とし演(エン)ぜし事なりしが」
③ 人目に立つようなことを行なう。
※夜行巡査(1895)〈泉鏡花〉四「吐嗟(とっさ)の間に演(エン)ぜられたる、このきっかけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

演の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.