Rakuten infoseek

辞書

演習林【エンシュウリン】

デジタル大辞泉

えんしゅう‐りん〔エンシフ‐〕【演習林】
林学を専攻する学生の実地研究のための森林

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんしゅうりん【演習林】
林学の研究,教育のための実習・実験林で,1895年千葉県清澄山周辺に200haの演習林(東京大学)を設けて以来,各大学・高等学校で設けられた。演習林は小・中・高等学校が収益を目的として経営している学校林とは異なる。森林の管理・経営の方法は自然条件により著しく異なるので,北海道にある演習林では亜寒帯林の特性に応じた取扱い,中部亜高山地帯の演習林ではその自然条件に適する取扱いの技術や管理の方法が研究の課題となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんしゅうりん【演習林】
林学を研究する学生の実習のために設けた森林。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

演習林
えんしゅうりん
林学科のある大学や林業科のある高等学校が、学生・生徒の林学に関する実習教育を行うとともに、教職員の試験研究に利用するために設置している森林とその施設。これはドイツの林学教育制度を取り入れたもので、1895年(明治28)に東京大学が房総半島の清澄(きよすみ)山周辺に設置したのが始まりである。演習林の経営は、大学や高校に任せられているが、単に実習林、見本林、試験研究林としての機能だけでなく、林業経営による収益確保の期待も課せられている。なお、小・中学校に、学校林とよばれる山林が付設されていることがあるが、これは演習林とは異なり、学校の基本財産として経営されることを主目的とするものである。[笠原義人]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えんしゅう‐りん エンシフ‥【演習林】
〘名〙 林学研究や学生の実地研修のために、特に設けた森林。
※花物語(1908)〈寺田寅彦〉八「夏期のエキスカーションに演習林へ行く時に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

演習林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

演習林の関連情報

他サービスで検索

「演習林」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.