Rakuten infoseek

辞書

漆黒【しっこく】

色名がわかる辞典

しっこく【漆黒】
色名の一つ。黒漆塗り漆器のように、つややかな色をさす。純黒じゅんこくと表現されることもあり、純粋な黒をさしている。「漆黒の闇」といわれるように、まったく光が存在しない世界をイメージしているのは「黒」と同じ概念だが、実際にあらゆる光を吸収する物質は存在しないとされる。ただし黒が概念にとどまっているのに対し、漆黒は漆器の黒という物質を提示しており、無彩色でありながら、光の反射による微妙な彩りを否定しない。論理矛盾ではあるが、想像力を感じさせる色名といえる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しっ‐こく【漆黒】
黒うるしを塗ったように黒くてつやがあること。また、その色。「漆黒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しっこく【漆黒】
漆のように黒く光沢のあること。また、その色。 -の髪

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しっ‐こく【漆黒】
〘名〙 (形動) 黒漆(くろうるし)を塗ったように黒くてつやのあること。また、そのさまやその色。まっくろ。
※山陽詩鈔(1833)三・荷蘭船行「漆黒蛮奴捷於猱、升桅理絛手爬掻」
※羽鳥千尋(1912)〈森鴎外〉「或る夕明るい燭の下で、色の白い細面に、漆黒(シッコク)な髯を長く垂れて」 〔孫樵‐祭梓潼神君文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漆黒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漆黒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.