Rakuten infoseek

辞書

漂白剤【ヒョウハクザイ】

デジタル大辞泉

ひょうはく‐ざい〔ヘウハク‐〕【漂白剤】
漂白に使用する薬剤。酸化・還元を利用して色素を分解・変化させるさらし粉亜硫酸オゾンなどと、蛍光漂白剤がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

漂白剤
 漂白に使う薬剤.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうはくざい【漂白剤 bleaching agent】
漂白に使用される化学試剤。漂白剤は対象物に含まれる有色物質と化学反応を起こし分解ないし変化させ無色物質にする作用をもつが,大きく分けて酸化反応を利用するものと還元反応を利用するものがある。そのほかに染色工業で使用される白さを増すための蛍光増白剤があるが,これは目的は類似しているが漂白剤とは区別すべきである。
[酸化性漂白剤]
 さらし粉は代表的な酸化性漂白剤で,主成分はCa(ClO)2・CaCl2・2H2Oである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうはくざい【漂白剤】
酸化または還元作用によって有色物を漂白する薬剤。酸化剤に晒粉さらしこ・過酸化水素など、還元剤に二酸化硫黄・亜硫酸水素ナトリウムなどがある。また、光学的な漂白剤として蛍光増白剤がある。食品添加物とされるものは、食品衛生法により規定され、残存量などの使用基準が定められている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

漂白剤
ひょうはくざい
bleaching agent
糸、布などの繊維や食品などに含まれる有色物質や付着色素を化学的に分解し、製品を白くする薬剤をいう。漂白剤には化学的に酸化作用を利用する酸化漂白剤と、還元作用を利用する還元漂白剤がある(還元漂白剤は、羊毛など限られた繊維にしか使われない)。
 繊維による漂白剤の選択は、繊維の脆化(ぜいか)、黄変、塩素吸着の有無、漂白効果などを考慮してなされる。綿などのセルロース系繊維には、次亜塩素酸ナトリウム、亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素、さらし粉が使われる。アクリルおよびポリエステル繊維には亜塩素酸ナトリウムが用いられる。ナイロンには、亜塩素酸ナトリウム、過酸化水素、過酢酸などの酸化剤が使われる。ナイロンは耐塩素性が弱く黄変しやすいので、塩素系薬剤を使用したあとには脱塩素処理を行う必要がある。
 絹の漂白には、過酸化水素またはハイドロサルファイトが用いられる。塩素系漂白剤を使うと黄変し、繊維を脆化させる場合がある。羊毛には、過酸化水素、過酸化ナトリウム、過マンガン酸カリウムなどの酸化剤と、ハイドロサルファイトを用いる還元漂白とがあり、酸化漂白後に還元漂白すると鮮明な白色が得られる。蛍光増白剤を併用することが多い。
 家庭用の汎用(はんよう)漂白剤としては、最近、過炭酸ナトリウムがよく用いられる。
 食品の色を白くするために許可されている漂白剤には、亜硫酸カリウム、亜硫酸ナトリウム、亜硫酸水素カリウム、亜硫酸水素ナトリウム、次亜硫酸カリウム、次亜硫酸ナトリウム、過酸化水素などがあり、それぞれ食品中の残存量が決められている。[篠塚則子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうはく‐ざい ヘウハク‥【漂白剤】
〘名〙 漂白に用いる薬剤。酸化作用または還元作用を利用する。晒粉、過酸化水素、過炭酸ナトリウムなど。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

漂白剤
ヒョウハクザイ
bleaching agent

漂白に使用する薬剤.化学的漂白剤と光学的漂白剤とに大別され,前者はさらに還元漂白剤と酸化漂白剤とに分類される.還元漂白剤には,ハイドロサルファイトNa2S2O3,亜硫酸ガスSO2,酸性亜硫酸H2SO3塩などがあり,絹および羊毛に用いられる.一般に,繊維の脆化が少なく,還元により淡色になった色素が空気酸化により復色することが多い.酸化漂白剤には,過酸化水素H2O2,過マンガン酸カリウムKMnO4,過ホウ素酸ナトリウムNaBO3・4H2Oなどの過酸化物系のものと,さらし粉CaCl・ClO,次亜塩素酸ナトリウムNaClO,亜塩素酸ナトリウムNaClO2などの塩素系化合物がある.酸化処理は分解生成物による復色は少なく,広く採用されているが,ナイロンなどは塩素系化合物に弱いので,後処理の容易なH2O2による漂白が一般的である.麻類には天日さらしがあるが,光学的漂白剤には蛍光増白剤があり,みずから発する紫~青の蛍光で物理的に白さを与える.そのほか,使用限界が決められた食品漂白剤(亜塩素酸塩,過酸化水素,亜硫酸塩,酸性亜硫酸塩など)もある.食品に使用する際は含有表示が義務づけられている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漂白剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

漂白剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.