Rakuten infoseek

辞書

【シズク】

デジタル大辞泉

しずく〔しづく〕【滴/×雫】
[名](スル)したたり落ちる液体の粒。また、それがしたたり落ちること。「―が垂れる」
「―する甲板の欄(てすり)に靠(もた)れて」〈風葉・恋ざめ〉
[補説]人工衛星は別項。→しずく

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てき【滴】
[接尾]助数詞。液体のしたたりの数を数えるのに用いる。「一も残さず飲み干す」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てき【滴】[漢字項目]
常用漢字] [音]テキ(漢) [訓]しずく したたる
点々としたたり落ちる水。しずく。「一滴雨滴硯滴(けんてき)残滴水滴点滴余滴
したたる。「滴下

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しずく[人工衛星]
第一期水循環変動観測衛星GCOM-W1の愛称宇宙から地球全体の水蒸気・海面温・土壌水分雪氷などを10~15年間にわたって観測する。平成24年(2012)5月に打ち上げられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

てき【滴】
接尾
助数詞。数を表す漢語に付いて液体のしたたりの数を数えるのに用いる。 数-の露

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

した‐たら・す【滴】
〘他サ五(四)〙 水などのしずくがしたたり落ちるようにする。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉三「其の簾を立て懸けて水をしたたらす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した‐たれ【滴】
〘名〙 (古くは「しただれ」) =したたり(滴)〔黒本本節用集(室町)〕
※中華若木詩抄(1520頃)上「天帝の盃のしただれが三千尺の瀑となりて今にしただるものぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てき【滴】
〘接尾〙 液体のしたたりの数を数えるのに用いる。
※和漢朗詠(1018頃)上「金膏一滴秋の風の露、玉匣三更冷漢の雲〈菅原文時〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

した・ず したづ【滴】
〘他ダ下二〙 ⇒したつ(滴)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.