Rakuten infoseek

辞書

滝口【たきぐち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滝口
たきぐち
平安,鎌倉時代宮中警衛にあたった武士蔵人所に属する。詰所清涼殿の東北方の御溝水 (みかわみず) の落ちる滝口にあったのでこの名がある。宇多天皇の寛平年間 (889~898) に設置された。定員は最初 10人,白河天皇の代に 30人となったが,のち 20人。職務は遠所の勅使雑役,宮中の警固などであった。昇殿は許されず,宿直者の姓名奏聞蔵人が取次いだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たき‐ぐち【滝口】
滝が落ちはじめる所。滝の落ち口。
清涼殿北東にある、御溝水(みかわみず)の落ちる所。
平安・鎌倉時代、蔵人所(くろうどどころ)に属し、2詰め所にいて、宮中の警衛に当たった武士。滝口の武士。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たきぐち【滝口】[姓氏]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たきぐち【滝口】
蔵人所(くろうどどころ)に属する禁中警衛の武士。宮中清涼殿の北東,御溝水(みかわみず)の落ちるところを宿所としていたので,滝口の武者といわれた。宇多天皇の寛平年間(889‐898)にはじめて置かれ,はじめ10人,のち20人となり,白河天皇の代には一時30人に増員された。五位,六位の武勇ある侍のなかから,ことに弓術に秀でた者を補し,宮中の警衛にあたるほか,天皇の乗船に供奉し,また諸種の雑役にあたった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たきぐち【滝口】
滝の流れ落ちる所。
清涼殿の北東にある御溝水みかわみずの落ち口。
に詰めていたことから〕 平安・鎌倉時代、蔵人所くろうどどころに属し、宮中の警護にあたった武士。滝口の武士。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たきぐち【滝口】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滝口
たきぐち
平安・鎌倉時代、蔵人所(くろうどどころ)の被管として置かれた内裏(だいり)勤番の武士。寛平(かんぴょう)年間(889~898)に創設された。その員数は当初10人であったが、のちには20~30人も置かれ、源平重代の者が補せられた。その名は、清涼殿(せいりょうでん)の北、承香殿(しょうきょうでん)に行く北廊付近の御溝水(みかわみず)の落ち口(滝口)に滝口の陣があり、そこに詰めていたことに由来する。その任命は、とくに弓矢の上手な者を試験して採用し、月初めに提出する昼夜の出勤日数を記入した月奏(げっそう)によって勤務を評定された。[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たき‐ぐち【滝口】
[1] 〘名〙
① 滝の流れ落ちる所。滝の落ち口。
※吉野拾遺(14C後)下「三吉野にありと聞こえし滝口か落ては名をも流しけるかな」
② 清涼殿の東北方にある御溝水(みかわみず)の落ちる所。また、ここに内裏警護の武士の詰所があったところから、その詰所もいう。滝口所。
※西宮記(969頃)八「滝口在御所近辺、寛平被衆十
③ 蔵人所(くろうどどころ)に属し、②の詰所にいて、宮中の警衛や雑役にあたった武士。滝口の武士。
※枕(10C終)五六「たきぐちの弓鳴らし、沓の音し、そそめき出づると」
[2] 「たきぐちにゅうどう(滝口入道)」(一)の略。
※俳諧・鷹筑波(1642)三「横笛にこそこころみだるれ 滝口(タキぐち)や恋ゆへ世をも捨ぬらん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たき‐ぐち【滝口】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝口」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滝口の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.