Rakuten infoseek

辞書

滝口入道【たきぐちにゅうどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滝口入道
たきぐちにゅうどう
平安時代末の武士平重盛の臣。本名,斎藤時頼。滝口の武士として宮中出仕建礼門院の女官横笛恋仲になり,父にいさめられて出家嵯峨往生院高野山で修行した。『平家物語』『源平盛衰記』に描かれ,御伽草子横笛草紙』につくられた。明治期には高山樗牛の小説『滝口入道』 (1894) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たきぐち‐にゅうどう〔‐ニフダウ〕【滝口入道】
平安末期の僧。本名、斎藤時頼(さいとうときより)。平重盛に仕え、滝口の武士のとき、建礼門院雑仕女(ぞうしめ)の横笛と恋愛、父の茂頼にいさめられて19歳で出家。嵯峨(さが)往生院で修行し、のち高野山清浄心院に入った。
高山樗牛(たかやまちょぎゅう)の歴史小説。明治27年(1894)発表。平家の滅亡を背景に、斎藤時頼と横笛との悲恋を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

滝口入道 たきぐちにゅうどう

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

たきぐちにゅうどう【滝口入道】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たきぐちにゅうどう【滝口入道】
○ 平安末期の僧。本名、斎藤時頼。はじめ滝口の武士で平重盛の臣。建礼門院の雑仕横笛に恋慕、父に反対されて出家。のち高野山で行いすまし、平維盛入水の導師となった(平家物語)。
小説。高山樗牛ちよぎゆう作。1894年(明治27)発表。平家物語のの話を潤色。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滝口入道
たきぐちにゅうどう
高山樗牛(ちょぎゅう)の歴史小説。1894年(明治27)4月から5月まで『読売新聞』連載。95年9月春陽堂刊。六波羅(ろくはら)一の豪の者斎藤時頼(ときより)は、清盛(きよもり)以下平家一門の花見の饗宴(きょうえん)で「春鶯囀(しゅんのうでん)」を舞う横笛を見そめた。だがその恋も家門の恥と一蹴(いっしゅう)された時頼は、維盛(これもり)の後見を願う重盛(しげもり)の頼みも振り切って、仏門に入った。真情を知った横笛は、嵯峨野(さがの)に時頼を訪ねたがつれなくされ、消息を断った。巡礼中、恋塚の主を横笛と知って回向(えこう)を済ませた時頼は、平家一門が西海に果てるのにあわせ、横笛の後を追うように自害した。『平家物語』に材を得、擬古文によったこの悲恋物語は、『読売新聞』懸賞歴史小説首席(二等)入選作で、大学生某の匿名で発表され、話題になった。[小野寺凡]
『『滝口入道』(岩波文庫・旺文社文庫・新潮文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たきぐち‐にゅうどう ‥ニフダウ【滝口入道】
[一] 平安末期の僧。本名斎藤時頼。茂頼の子。平重盛の臣。はじめ滝口の武士であったところからいう。建礼門院の曹司(ぞうし)横笛に恋して、父の怒りをかい、嵯峨往生院に入って剃髪した。のち高野山に入り、高僧となる。生没年未詳。
[二] 小説。高山樗牛作。明治二七年(一八九四)発表。「平家物語」に基づく歴史小説。滝口の武士、斎藤時頼と中宮の曹司横笛の悲恋を、平家滅亡を背景に擬古文体の美文で表わす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝口入道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滝口入道の関連情報

他サービスで検索

「滝口入道」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.