Rakuten infoseek

辞書

滝亭鯉丈【りゅうていりじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滝亭鯉丈
りゅうていりじょう
[生]?
[没]天保12(1841).6.10. 江戸
江戸時代後期の滑稽本作者。通称池田八右衛門。浅草東本願寺別院前の乗物師,あるいは縫箔屋などの前歴があるとされるが,その後,音曲噺 (ばなし) を得意とする咄家 (はなしか) として人気を得た。そのかたわら戯作に進出,『大山道中栗毛後駿馬 (くりげのしりうま) 』 (1817) で滑稽本に名を成し,『花暦八笑人』を出すに及んで,十返舎一九,式亭三馬に次ぐ滑稽本作者としての地位を確立。三馬の『浮世床』第三編,同『人間万事虚誕計 (うそばっかり) 』後編 (33) を書いた。為永春水との共著に成る人情本『明烏後正夢 (あけがらすのちのまさゆめ) 』 (21~24) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅうてい‐りじょう〔‐リヂヤウ〕【滝亭鯉丈】
[?~1841]江戸後期の滑稽本作者。江戸の人。本名、池田八右衛門。江戸町人の退廃的な遊戯生活を写実的に描いた。作「花暦(はなごよみ)八笑人」「滑稽和合人」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

滝亭鯉丈 りゅうてい-りじょう
?-1841 江戸時代後期の戯作(げさく)者。
前身には乗物師,新内節の寄席芸人などの説がある。滑稽(こっけい)本の作者として活躍。為永春水の兄といわれる。天保(てんぽう)12年6月10日死去。江戸出身。は池田。通称は八右衛門。代表作に「花暦八笑人」「和合人」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

りゅうていりじょう【滝亭鯉丈】
?‐1841(天保12)
江戸後期の滑稽本作者。〈たきてい〉ともいう。本名は池田八右衛門。前身については,乗物師,縫箔屋,櫛職人,新内節の寄席芸人など諸説があり,為永春水は〈家兄〉と呼んでいるが,兄弟か否かは不明。《道中膝栗毛》の亜流作品《栗毛後駿足(くりげのしりうま)》を処女作として約12部の滑稽本があるが,代表作は《花暦八笑人(はなごよみはつしようじん)》(1820),《滑稽和合人》(1823)で,末期江戸町人の遊戯生活を如実に描いて,十返舎一九,式亭三馬につぐ滑稽本作者としての位置を確保している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

たきていりじょう【滝亭鯉丈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

りゅうていりじょう【滝亭鯉丈】
?~1841 江戸後期の戯作者。本名、池田八右衛門。為永春水の兄といわれる。滑稽本「花暦八笑人」「滑稽和合人」などで江戸町人の遊戯生活を如実に描いた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滝亭鯉丈
りゅうていりじょう
(?―1841)
江戸後期の戯作者(げさくしゃ)。江戸の生まれ。本名池田八右衛門(はちえもん)、通称八蔵。養家の池田家は300石の旗本だったが、先々代八右衛門が早世したために禄(ろく)を失い、遺女と婿養子吉右衛門との間に生まれた娘の婿になったのが鯉丈だったという。経歴については、大名などの駕籠(かご)の製造、修繕業、竹細工、象牙(ぞうげ)彫りの職人、縫箔(ぬいはく)屋、櫛(くし)屋などの諸説があるが、寄席(よせ)芸人だったことは確かである。落語家滝亭鯉楽(りらく)(のち吉原の幇間(ほうかん))の弟子で、昔咄(むかしばなし)に音曲を入れ、客から題をもらって都々逸(どどいつ)をつくって人気を得たが、のちに芸名をそのままに戯作者になり、滑稽本(こっけいぼん)の分野で名をなした。代表作に『花暦八笑人(はなごよみはっしょうじん)』『滑稽和合人(わごうじん)』がある。[興津 要]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅうてい‐りじょう ‥リヂャウ【滝亭鯉丈】
江戸末期の戯作者。江戸の人。本名池田八右衛門。為永春水は実弟。「花暦八笑人」「滑稽和合人」などの滑稽本を発表して好評を博す。人情本にも筆を染めた。天保一二年(一八四一)没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滝亭鯉丈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滝亭鯉丈の関連情報

関連キーワード

シューマン天保の改革ウィリアムHハリソン写真タイムズニコライメルバーンアストンエルメレンスサージェント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.