Rakuten infoseek

辞書

滋野貞主【しげののさだぬし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

滋野貞主
しげののさだぬし
[生]延暦4(785)
[没]仁寿2(852).2.10. 京都
平安時代前期の漢詩人。大内記や東宮学士を経て参議にいたったが,温雅で度量広く仁明天皇の信任が厚かった。漢詩文集『経国集』を撰進。特に天長8 (831) 年勅令によって諸儒とともに古今の文書を分類して『秘府略』 1000巻 (現存2巻) を編纂した功績は大きい。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しげの‐の‐さだぬし【滋野貞主】
[785~852]平安初期の学者。文章生(もんじょうしょう)に及第し、累進して参議となり、勅命を奉じて「秘府略」「経国集」の撰定に参加した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

滋野貞主 しげのの-さだぬし
785-852 平安時代前期の公卿(くぎょう),漢詩人。
延暦(えんりゃく)4年生まれ。滋野縄子(つなこ)・奥子の父。東宮学士,式部大輔(だいぶ)などをへて,承和(じょうわ)9年(842)参議。その間,勅撰(ちょくせん)漢詩集「文華秀麗集」「経国集」や古今の文書を撰した「秘府略」1000巻の編修にくわわる。京都の私邸を寺にし慈恩院を創建。「凌雲集」以下の勅撰漢詩集に34首のる。仁寿(にんじゅ)2年2月8日死去。68歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

しげののさだぬし【滋野貞主】
785‐852(延暦4‐仁寿2)
平安初期の学者。滋野家訳の子。807年(大同2)文章生に及第。821年(弘仁12)東宮学士となり,842年(承和9)累進して参議に列する。827年(天長4)に良岑安世らとともに《経国集》20巻を撰上し,831年には古今の文章を《秘府略》1000巻に撰集している。845年に便宜十四事を陳じ,849年(嘉祥2)には大宰府官人のことについて上表している。その死に際し人々はみな流涕愍惜したという。【森田

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しげののさだぬし【滋野貞主】
785~852) 平安初期の漢学者。大内記・東宮学士などを歴任、参議に至る。「秘府略」および「経国集」の編纂へんさんに参加。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

滋野貞主
しげののさだぬし
(785―852)
平安前期の漢詩人。807年(大同2)文章生(もんじょうのしょう)となり、821年(弘仁12)『内裏式(だいりしき)』の撰上(せんじょう)に参画。827年(天長4)良岑安世(よしみねのやすよ)らとともに漢詩集『経国集(けいこくしゅう)』を撰進、4年後『秘府略(ひふりゃく)』1000巻を編纂(へんさん)。842年(承和9)式部大輔(だいぶ)、参議となる。844年に自宅を伽藍(がらん)に改造、慈恩寺と名づけた。850年(嘉祥3)正四位下に至り相模守(さがみのかみ)を兼任。作品は『凌雲集(りょううんしゅう)』以下の勅撰漢詩集に34首、『雑言奉和』に1首ある。仏教への志向が強く、表現に中国六朝(りくちょう)詩の影響がみられる。[金原 理]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しげの‐の‐さだぬし【滋野貞主】
平安初期の漢学者。尾張守家訳の子。文章生、大内記(だいないき)、東宮学士を歴任。のち累進して宮内卿、正四位下に叙せられ、相模守を兼ねた。「経国集」「秘府略」を撰上。延暦四~仁寿二年(七八五‐八五二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

滋野貞主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

滋野貞主の関連情報

関連キーワード

早良親王早良親王早良親王早良親王リスボン条約改革条約淡海三船大伴家持懐素ガロン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.