Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

溺死【できし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

溺死
できし
death from drowning
液体を気道末梢まで吸引して死ぬことをいう。水に没して死亡する水死では,水によって呼吸気道が閉塞して窒息が起り,これに血液の希釈 (淡水の場合) あるいは濃縮 (海水の場合) が加わるために死亡するのが大部分であるが,ショック死 (心臓麻痺) とか,いったん蘇生後に炎併発のため死亡することも,まれにはある。死体の肝臓,腎臓,骨髄などにプランクトンが検出され,肺や腸に水が入っていれば,溺死と診断してよい。 (→溺水 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

でき‐し【溺死】
[名](スル)水におぼれて死ぬこと。おぼれ死に。水死。「川で溺死する」「溺死者」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

できし【溺死 death by drowning】
水などの液状物が気道内に吸引され,窒息によって死亡することである。一般に,全身が水や液体の中に溺没して窒息死した場合をいうが,浅いの中や水たまりなどに顔面をつっこんで窒息死した場合も溺死という。水中で発見された死体は水中死体といわれ,このほとんどは溺死であるが,水浴死といわれる冷水刺激による急死や,他殺死体を水中に投入したような,他の原因で死亡したものもある。溺死は自殺や自己過失や災害によって生じるものがほとんどであるが,まれには酒に酔った人などを水中に突き落として死亡させたり,無理心中などによる他殺がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

おぼれ‐じに【溺死】
〘名〙 水に落ちて死ぬこと。水死。できし。〔書言字考節用集(1717)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

おぼれ‐し・ぬ【溺死】
〘自ナ変〙 水に落ちたり、泳げなくなって水を飲んだりして、死ぬ。溺死する。水死する。
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)一〇「遠汲とは、水くみにとをとをと行て、溺(テキ)(〈注〉ヲホレ)死たぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

でき‐し【溺死】
〘名〙 水におぼれて死ぬこと。水が気管・気管支・肺胞内につまって呼吸気道をふさぎ、窒息死する。水死。〔文明本節用集(室町中)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「嚮(さき)に忠重の溺死(デキシ)せしと聞て」 〔後漢書‐光武帝紀〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溺死」の用語解説はコトバンクが提供しています。

溺死の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.