Rakuten infoseek

辞書

溝口健二【みぞぐちけんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

溝口健二
みぞぐちけんじ
[生]1898.5.16. 東京
[没]1956.8.24. 京都
映画監督。 1920年日活に入社,『愛に甦へる日』 (1923) で監督となる。『紙人形春の囁き』 (26) ,『都会交響楽』 (29) などのあと,『滝の白糸』 (33) から女性像の描写へと没入し,『浪華悲歌』 (36) ,『祇園の姉妹』 (36) の傑作を生んだ。第2次世界大戦中は,『浪花女』 (40) などの芸道物や,『元禄忠臣蔵』 (41) などの歴史物を作る。戦後は,『の女たち』 (48) ,『西鶴一代女』 (52) ,『雨月物語』 (53,ベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞) ,『山椒太夫』 (54,ベネチア国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞) ,『近松物語』 (54) などの佳作を発表,国際的にも著名であった。遺作『赤線地帯』 (56) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みぞぐち‐けんじ【溝口健二】
[1898~1956]映画監督。東京の生まれ。虐げられた女性の生き方を、独特のリアリズムの手法で描いた。作「浪華悲歌(なにわエレジー)」「祇園の姉妹(きょうだい)」「西鶴一代女」「雨月物語」「近松物語」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

溝口健二 みぞぐち-けんじ
1898-1956 昭和時代の映画監督。
明治31年5月16日生まれ。大正9年日活にはいる。出世作は昭和11年の「浪華悲歌(なにわエレジー)」。この作品から脚本家依田義賢とながくコンビをくむ。27年「西鶴(さいかく)一代女」,28年「雨月物語」,29年「山椒(さんしょう)大夫」がベネチア国際映画祭で受賞。昭和31年8月24日死去。58歳。東京出身。
【格言など】もう新涼だ。早く撮影所の諸君と楽しく仕事がしたい(死の前日の筆談)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典

溝口健二
1898〜1956(明治31年〜昭和31年)【映画監督】ワンシーンワンカットの長回しで、世界の巨匠に。 妥協を許さず「ゴテ健」と呼ばれた。大正・昭和期の映画監督。東京都本郷出身。1920年(大正9)日活に入社、22年「愛に甦へる日」で監督となり、「浪華悲歌」「滝の白糸」などで無声映画時代に地位を確立。第二次世界大戦後は、「西鶴一代女」(1952)「雨月物語」(1953)「山椒大夫」(1954)の3作品が、ベネチア国際映画祭で3年連続受賞の栄誉に輝いた。若い頃に学んだ絵画的センスとワンシーンワンカットの独特の技法は、仏のヌーベルバーグ作家に多大な影響を与えた。

出典:財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

みぞぐちけんじ【溝口健二】
1898‐1956(明治31‐昭和31)
映画監督。男のエゴイズム金銭によって支配される,〈封建的〉な社会のなかで虐げられた女(娼婦からブルジョア夫人に至るまで)の運命を冷徹なリアリズムで描いた〈女性映画〉の名匠として知られる。また,その映画づくりは〈完全主義〉とよばれ(セットはすべて原寸でつくらせた),俳優の演技を持続させるためにカメラの長回しを原則とする〈ワンシーン・ワンカット〉の技法を完成させて,黒沢明とともに日本映画の力を世界に知らしめた巨匠である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みぞぐちけんじ【溝口健二】
1898~1956) 映画監督。東京生まれ。戦前戦後を通じて女性の情念を描き続けた巨匠。流麗なカメラワークと徹底したリアリズムによる作風は、国内外に多大な影響を与えた。「滝の白糸」「浪華悲歌」「祇園の姉妹」「残菊物語」「西鶴一代女」「雨月物語」「近松物語」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

溝口健二
みぞぐちけんじ
(1898―1956)
映画監督。明治31年5月16日、東京に生まれる。浅草で育ち、美術修行や新聞社勤務を経て、1920年(大正9)、向島にあった日活撮影所に入社。当事日活は新派とよばれた芝居を、演劇に根ざした舞台や演技、俳優で撮影していた。1923年、『愛に甦(よみが)へる日』で監督に昇進すると、現代劇や探偵劇など新たなジャンルの創出に参画し、1924年から女性を主人公とした作品で頭角を現した。関東大震災後に撮影所が関西に移動すると、『紙人形春の囁(ささや)き』(1926)など下町もので評価を高めた。1929年(昭和4)の世界恐慌後、傾向映画の『都会交響楽』(1929)や、トーキーで『ふるさと』(1930)を撮るなど新しさを追及するが、左翼思想やモダニズムといった時代の潮流を自分のなかでどうまとめるかに悩み模索した。日本の軍国主義化が進むと、『滝の白糸』(1933)など情緒的な明治ものをつくり、1934年、映画プロデューサーの永田雅一(ながたまさいち)(1906―1985)が設立した独立プロダクション、第一映画に入って『浪華悲歌(なにわエレジー)』(1936)と『祇園(ぎおん)の姉妹(きょうだい)』(1936)を製作。この2作では、徹底したリアリズムによって逆境にくじけない新しいヒロイン像を創出した。
 第二次世界大戦中の1937年から1945年までは、伝記映画や歴史映画の製作に腐心。松竹に移って『残菊物語』(1939)という芸道もので独自の世界をみせたが、『元禄忠臣蔵』(1941~1942)のような武士ものでは不成功に終わった。敗戦後のGHQ(連合国最高司令部)指導下では、男に従属する女性の解放を描くが、作品は停滞した。1948年、『夜の女たち』がヒットし、これに続いて『お遊(ゆう)さま』(1951)、『武蔵野夫人』(1951)など文芸作品の映画化が続くが、これにも低迷。1952年になると、『西鶴一代女(さいかくいちだいおんな)』(1952)、『雨月物語(うげつものがたり)』(1953)、『山椒大夫(さんしょうだゆう)』(1954)、『近松物語』(1954)と、近代以前の女性を主人公とした作品で、にわかに脚光を浴び、前3作はベネチア国際映画祭銀獅子賞を連続受賞。溝口の海外での評価も一気に高まった。これらの作品は、宮川一夫(みやがわかずお)(1908―1999)カメラマンによる白黒のグラデーションを生かしたローキートーン(暗い画調)と静謐(せいひつ)で憂愁(ゆうしゅう)をたたえた映像美、一場面で一つの挿話を描くワンシーン・ワンショット(長回し)の手法、スタニスラフスキー・システムによる演技指導、リアリズムによる立体的なセットなどを駆使した傑作群である。『楊貴妃(ようきひ)』(1955)ではカラー映画に挑戦、少年時代を過ごした浅草辺りを舞台にした『赤線地帯』(1956)が遺作になる。溝口の方法は、演劇の実写としてスタートした日本映画の伝統を踏まえ、それを革新して独自のリアリズムを打ち立てた。ヨーロッパ映画もこうした出発をしたので、フランスのゴダール監督が溝口を絶賛するのには、歴史的な背景があるといえよう。20世紀の映画の歴史的試練を経て到達した見事な偉業である。昭和31年8月24日没。[千葉伸夫]

資料 監督作品一覧

愛に甦る日(1923)
故郷(1923)
青春の夢路(1923)
情炎の巷(1923)
敗残の唄は悲し(1923)
813(1923)
血と霊(1923)
霧の港(1923)
夜(1923)
廃墟の中(1923)
峠の唄(1923)
哀しき白痴(1924)
暁の死(1924)
現代の女王(1924)
女性は強し(1924)
塵境(1924)
七面鳥の行衛(ゆくえ)(1924)
さみだれ草紙(1924)
伊藤巡査の死(1924)
無銭不戦(ウチェンプチャン)(1924)
歓楽の女(1924)
恋を断つ斧[細山喜代松との共同監督](1924)
曲馬団の女王(1924)
噫特務艦関東(1925)
学窓を出でて(1925)
大地は微笑む 第1篇(1925)
白百合は嘆く(1925)
赫い夕陽に照されて(1925)
ふるさとの歌(1925)
街上のスケッチ[『小品映画集』の1篇](1925)
人間(1925)
乃木大将と熊さん(1925)
銅貨王(1926)
紙人形春の囁き(1926)
新説己が罪(1926)
狂恋の女師匠(1926)
海国男児(1926)
金(1926)
皇恩(1927)
慈悲心鳥(1927)
人の一生 人間万事金の巻(1928)
人の一生 浮世はつらいねの巻(1928)
人の一生 クマとトラ再会の巻(1928)
娘可愛や(1928)
蔚山沖の海戦(1928)
日本橋(1929)
朝日は輝く(1929)
東京行進曲(1929)
都会交響楽(1929)
ふるさと(1930)
唐人お吉(1930)
しかも彼等は行く(1931)
時の氏神(1932)
満蒙建国の黎明(1932)
滝の白糸(1933)
祇園祭(1933)
神風連(1934)
愛憎峠(1934)
折鶴お千(1935)
マリヤのお雪(1935)
虞美人草(1935)
お嬢お吉[高島達之助との共同監督](1935)
浪華悲歌(1936)
祇園の姉妹(1936)
愛怨峡(1937)
露営の歌(1938)
あゝ故郷(1938)
残菊物語(1939)
浪花女(1940)
芸道一代男(1941)
元禄忠臣蔵 前篇(1941)
元禄忠臣蔵 後篇(1942)
団十郎三代(1944)
宮本武蔵(1944)
名刀美女丸(1945)
必勝歌(1945)
女性の勝利(1946)
歌麿をめぐる五人の女(1946)
女優須磨子の恋(1947)
夜の女たち(1948)
我が恋は燃えぬ(1949)
雪夫人絵図(1950)
お遊さま(1951)
武蔵野夫人(1951)
西鶴一代女(1952)
雨月物語(1953)
祇園囃子(1953)
山椒大夫(1954)
噂の女(1954)
近松物語(1954)
楊貴妃(1955)
新・平家物語(1955)
赤線地帯(1956)
『四方田犬彦編『映画監督溝口健二』(1999・新曜社) ▽依田義賢著『溝口健二の人と芸術』増補版(社会思想社・現代教養文庫) ▽佐藤忠男著『溝口健二の世界』(平凡社ライブラリー)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝口健二」の用語解説はコトバンクが提供しています。

溝口健二の関連情報

関連キーワード

キモトリプシン岡山県の要覧[各個指定]工芸技術部門劉邦平成の大合併高祖劉邦岡山(県)馬王堆漢墓マラソンレース

他サービスで検索

「溝口健二」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.