Rakuten infoseek

辞書

準静的過程【じゅんせいてきかてい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

準静的過程
じゅんせいてきかてい
quasistatic process
系が1つの状態から他の状態に移る場合,途中のどの状態も熱平衡の状態からきわめてわずかしかずれないようにして行われる過程ピストンをきわめてゆるやかに (無限小の速さで) 動かして気体圧縮または膨張させる場合や,ほとんど等温度 (無限小の温度差) の2物体間で授受がゆっくり行われる場合がその例である。準静的過程では,同じ条件のもとで変化を行させることができるので,準静的過程は可逆過程である。しかし,可逆過程は必ずしも準静的過程ではない。現実の過程では,無限小の速さとか無限小の温度差といった条件を満足させることはできないから,準静的過程とは1種の理想概念である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じゅんせいてきかてい【準静的過程】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

準静的過程
ジュンセイテキカテイ
quasistatic process

熱力学において,系の状態変化がその熱平衡状態に無限に近い状態で行われ,しかも,各瞬間での状態がはじめに経てきた状態を次々に逆のにたどることができる変化をいう.準静的過程は実際には存在しない過程であるが,これにいくらでも近い過程は実現できるという意味の一つの極限的な過程である.たとえば,ピストンを備えた器のなかの気体を,ピストンをきわめて緩やかに動かして圧縮または膨張させる両過程は,互いに逆の順序をたどることができ,準静的過程に任意に近づけることができる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準静的過程」の用語解説はコトバンクが提供しています。

準静的過程の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.