Rakuten infoseek

辞書

準強制性交等罪【ジュンキョウセイセイコウトウザイ】

デジタル大辞泉

じゅん‐きょうせいせいこうとうざい〔‐キヤウセイセイカウトウザイ〕【準強制性交等罪】
人の心神喪失や抵抗ができないことに乗じて、または暴力・脅迫によらずこれらの状態にして、性交等をする罪。刑法第178条第2項が禁じ、5年以上の有期懲役に処せられる。準強制性交罪。→強制性交等罪
[補説]性犯罪を厳罰化した平成29年(2017)の法改正により、準強姦罪構成要件法定刑を見直し、名称を変更したもの。性別に関係なく適用され、被害者告訴がなくても起訴できる非親告罪に改められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

準強制性交等罪
じゅんきょうせいせいこうとうざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準強制性交等罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

準強制性交等罪の関連情報

他サービスで検索

「準強制性交等罪」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.