Rakuten infoseek

辞書

【ゲン】

デジタル大辞泉

げん【源】[漢字項目]
[音]ゲン(漢) [訓]みなもと
学習漢字]6年
水流の発する所。「源泉源流水源地抜本塞源(ばっぽんそくげん)
物事の出てくるもと。「淵源(えんげん)起源語源光源根源財源資源字源震源電源病源本源
四姓の一。源氏。「源平藤橘(げんぺいとうきつ)
[名のり]はじめ・もと・よし

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐な‐もと【源】
《「な」は「の」の意の格助詞。「水(み)の元(もと)」の意》
川の水などの流れ出るもと。水源。「この川はを北アルプスに発する」
物事の起こりはじめるもと。起源。根源。「諸悪の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなもと【源】[姓氏]
姓氏の一。皇族賜姓の一つで、弘仁5年(814)嵯峨天皇が諸皇子に源姓を賜って以来、清和源氏村上源氏宇多源氏をはじめ十余流の諸源氏が出た。そのうち、清和天皇の子貞純親王の流れである清和源氏が最も栄え、のちに嫡流の頼朝鎌倉幕府を開いた。
[補説]「源」姓の人物
源有仁(みなもとのありひと)
源家長(みなもとのいえなが)
源実朝(みなもとのさねとも)
源重之(みなもとのしげゆき)
源順(みなもとのしたごう)
源高明(みなもとのたかあきら)
源隆国(みなもとのたかくに)
源為朝(みなもとのためとも)
源為憲(みなもとのためのり)
源為義(みなもとのためよし)
源親行(みなもとのちかゆき)
源経信(みなもとのつねのぶ)
源経基(みなもとのつねもと)
源融(みなもとのとおる)
源俊頼(みなもとのとしより)
源範頼(みなもとののりより)
源博雅(みなもとのひろまさ)
源信(みなもとのまこと)
源通親(みなもとのみちちか)
源通具(みなもとのみちとも)
源満仲(みなもとのみつなか)
源光行(みなもとのみつゆき)
源師房(みなもとのもろふさ)
源行家(みなもとのゆきいえ)
源義家(みなもとのよしいえ)
源義経(みなもとのよしつね)
源義朝(みなもとのよしとも)
源義仲(みなもとのよしなか)
源義平(みなもとのよしひら)
源義光(みなもとのよしみつ)
源頼家(みなもとのよりいえ)
源頼朝(みなもとのよりとも)
源頼信(みなもとのよりのぶ)
源頼政(みなもとのよりまさ)
源頼光(みなもとのよりみつ)
源頼義(みなもとのよりよし)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

みなもと【源】
〔「水の本もと」の意〕
川の水の流れ出る所。水源。 「川の-をさぐる」 「槍ヶ岳に-を発している」
物事の起こるはじめ。起源。根源。源流。 「この行事は-を平安時代に求めることができる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなもと【源】
姓氏の一。嵯峨天皇がその皇子を臣籍に降下させ源姓を賜ったのに始まる。嵯峨・淳和・仁明・文徳・清和・宇多・醍醐・村上・花山などの諸源氏があるが、とりわけ清和源氏は畿内を中心に土着し、一一世紀以降には関東武士団を従えて、嫡流の頼朝による鎌倉幕府創設に至る。 → 清和源氏嵯峨源氏村上源氏宇多源氏

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん【源】
〘名〙 もとになる物事。みなもと。
※読本・椿説弓張月(1807‐11)拾遺「今弓張月一書〈略〉悉遵正史、並不巧借一事妄設一語以滋世人之惑。故有源有委。可徴可拠」 〔荀子‐君道〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

み‐な‐もと【源】
〘名〙 (「な」は「の」の意で、「水の本」の意)
① 川の水の流れ出るもと。水源。
常陸風土記(717‐724頃)茨城「信筑の川と謂ふ。源(みなもと)は筑波の山より出で」
② 事物の起こったり、始まったりするもと。根源。起源。
※栄花(1028‐92頃)歌合「藤壺の花はことわり劣らじとみなもとさへも開けたるかな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

みなもと【源】
姓氏の一つ。→源氏

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源の関連情報

他サービスで検索

「源」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.