Rakuten infoseek

辞書

源頼義【みなもとのよりよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源頼義
みなもとのよりよし
[生]永延2(988)
[没]承保2(1075).7.13.
平安時代中期の武将。頼信の長子。長元3 (1030) 年平忠常の乱平定のため父とともに上総に下り,勇名をはせ平直方の婿となった。相模守,常陸介を歴任。永承6 (51) 年安倍氏の謀反鎮定のため陸奥守となって赴任し,安倍頼時を帰服させた。天喜1 (53) 年鎮守府将軍を兼ね,同4年頼時の子貞任が襲撃をかけたとの噂に怒って,再び戦いとなり,任期終了後も重任して戦闘を続けた。康平5 (62) 年出羽の清原光頼,武則の来援を得て,安倍氏を降伏させ,乱 (→前九年の役 ) を平定,その功により正四位下伊予守となった。翌年石清水八幡を鎌倉由比 (ゆい) 郷に勧請し,源氏の氏神とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐よりよし【源頼義】
[988~1075]平安中期の武将頼信の長男。平忠常の乱で父に従って戦功をあげ、前九年の役では鎮守府将軍として安倍氏を討ち、東国における源氏の勢力を強めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源頼義 みなもとの-よりよし
988-1075 平安時代中期の武人。
永延2年生まれ。源頼信の長男。永承6年(1051)安倍頼時の乱に陸奥守(むつのかみ)として派遣され,ついで鎮守府将軍をかねる。子の義家とともに12年をかけて鎮定(前九年の役),東国に源氏の基盤をきずいた。功により正四位下,伊予守(いよのかみ)となる。承保(じょうほう)2年7月13日死去。88歳。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのよりよし【源頼義】
988‐1075(永延2‐承保2)
平安中期の武将。源頼信の長男。母は修理命婦(しゆりみようぶ)。武芸にすぐれ,平忠常の乱には父に従って坂東に下向,〈勇決群を抜き,才気世を被う〉と称賛されたという。相模守として在任中,弓馬の士でその門客となる者が多く,東国武士を主従関係のもとに組織した。1051年(永承6)陸奥守,53年(天喜1)鎮守府将軍を兼ねる。当時陸奥に勢力をふるい代々の国司に反抗していた安倍頼時は頼義の着任と同時に帰順,しかし頼義の任期が満ちると56年,両者の間に争いが起こった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなもとのよりよし【源頼義】
985~1078) 平安中期の武将。頼信の長男。子の義家とともに前九年の役を鎮定、東国における源氏の勢力を強化。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源頼義
みなもとのよりよし
(988―1075)
平安中期の武将。頼信(よりのぶ)の子。1031年(長元4)父に従い、平忠常(ただつね)の乱を鎮定した。小一条院(こいちじょういん)(敦明(あつあきら)親王)の判官代(ほうがんだい)として仕え、功により36年相模守(さがみのかみ)となり、東国の武士を従えた。51年(永承6)陸奥(むつ)の安倍頼時(あべのよりとき)(頼良(よりよし))が背くと、頼義は陸奥守として鎮撫(ちんぶ)に赴いた。頼時は降服し、53年(天喜1)頼義は鎮守府将軍となったが、56年に頼時はふたたび反乱を起こした。翌年、頼義は頼時を討ったが、頼時の子貞任(さだとう)を中心とする安倍氏の抵抗の前に苦戦し、出羽(でわ)の清原(きよはら)氏の援助を得て62年(康平5)やっと貞任を討ち、安倍氏を滅ぼし(前九年の役)、その功により翌年、正四位下、伊予(いよ)守となった。妻は平直方(なおかた)の娘。[上横手雅敬]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐よりよし【源頼義】
平安中期の武将。頼信の長男。武略に富み、将帥の器をもち、坂東の士が多く門客となった。前九年の役に陸奥守となり、子義家とともに東国の士を率いて、前後一三年にわたって苦戦を重ねたが、清原武則の援を得て平定。永延二~承保二年(九八八‐一〇七五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源頼義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源頼義の関連情報

関連キーワード

イブン・アンナディーム窒化マグネシウム県の国庫補助金返還問題尾張国郡司百姓等解文上東門院デリー能因塩化カリウム尾張国郡司百姓等解文

他サービスで検索

「源頼義」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.