Rakuten infoseek

辞書

源順【みなもとの したごう】

美術人名辞典

源順
平安中期の歌人。梨壷の五人の一人。詩文を能くする。「後撰和歌集」を撰し、「倭名類聚抄」を著わした。永観元年(983)歿、73才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐したごう〔‐したがふ〕【源順】
[911~983]平安中期の歌人・学者。三十六歌仙の一人。和泉守・能登守。漢詩文・和歌にすぐれ、梨壺(なしつぼ)の五人の一人として後撰集の撰進、万葉集訓読にあたった。著「倭名類聚鈔」、家集源順集」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源順 みなもとの-したごう
911-983 平安時代中期の官吏,歌人。
延喜(えんぎ)11年生まれ。嵯峨(さが)源氏,源挙(こぞる)の子。三十六歌仙のひとり。20代で日本初の百科辞典「倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)」をつくる。天暦(てんりゃく)5年(951)梨壺(なしつぼ)の五人のうちにえらばれ,その中心人物として「後撰和歌集」編集,「万葉集」訓読にあたった。官吏としては不遇で,晩年に能登守(のとのかみ)。永観元年死去。73歳。家集に「源順集」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのしたごう【源順】
911‐983(延喜11‐永観1)
平安中期の歌人,文人,学者。嵯峨源氏で左馬助挙(こぞる)の子。43歳まで学生(がくしよう)であったが文章生となり,勘解由判官,東宮蔵人,民部丞,和泉守,能登守などを歴任した。官位の沈滞を嘆く和歌や長歌,また不遇のわが身を寓喩した漢文体の《無尾牛歌》《夜行舎人鳥養有三歌》(ともに《本朝文粋》)などが知られる。醍醐天皇第4皇女勤子内親王の命によって日本最初の百科辞典の趣の《和名類聚抄(わみようるいじゆうしよう)》(934年ごろ成立)を撰進したが,広汎な事項を分類して解説した漢文体の辞書で,万葉仮名による和名の訓みをも伴うという画期的業績でありながら,順はまだ24,5歳の学生であった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなもとのしたごう【源順】
911~983) 平安中期の学者・歌人。嵯峨源氏。三十六歌仙の一人。梨壺の五人の一人として万葉集の訓釈(古点)ならびに「後撰和歌集」の撰進に参加。漢詩文は「扶桑集」「本朝文粋」などに散見。著「倭名類聚鈔」、家集「源順集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源順
みなもとのしたごう
[生]延喜11(911)
[没]永観1(983)
平安時代中期の歌人,文人。三十六歌仙の一人。嵯峨天皇の子孫で,挙 (こぞる) の子。従五位上能登守。「梨壺の五人」に入り,『万葉集』の訓釈や『後撰和歌集』の撰集に従事。その歌には遊戯的なものが多く,家集『源順集』には双六 (すごろく) 盤や碁盤の歌,沓冠 (くつかぶり) の歌などがみえ,『馬毛名歌合 (うまのけなうたあわせ) 』のような物名歌の自歌合もある。『天徳歌合』にも出詠し,初期の百首歌の作者の一人でもあった。『拾遺和歌集』以下の勅撰集に 50首ほど入集。承平年間 (931~938) に醍醐天皇皇女勤子に奉った『倭名類聚抄 (わみょうるいじゅしょう) 』は,百科事典的な分類体の漢和辞書。詩文も巧みで,『無尾牛歌』や『夜行舎人鳥養有三 (やぎょうのとねりとりかいのありみ) 歌』などは不遇を訴える風刺的な文章として,仮名散文の『野宮庚申夜歌序』などとともに注目される。『宇津保物語』『落窪物語』などの作者にも擬せられているが確証はない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源順
みなもとのしたごう
(911―983)
平安中期の歌人、漢学者。嵯峨(さが)源氏、挙(こぞる)の息。43歳にして初めて学生(がくしょう)から文章生(もんじょうのしょう)となり、勘解由判官(かげゆのじょう)、民部大丞(みんぶのだいじょう)、和泉守(いずみのかみ)などを経て能登(のと)守に至る。和漢の才に優れ、承平(じょうへい)年中(931~938)に『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』を撰進(せんしん)、951年(天暦5)梨壺(なしつぼ)の五人の1人として撰和歌所寄人(よりゅうど)となって『後撰(ごせん)和歌集』を撰し、『万葉集』を読解した。「無尾牛歌」「夜行舎人鳥養有三歌(やこうのとねりとりかいのゆうさんか)」などの詩文、あるいは歌に官位停滞の不満を訴え、父母兄子の亡失に不遇をかこつ一方、歌合(うたあわせ)、詩合(しあわせ)へ出詠し、貴権に多く詩歌を召された。また、馬の毛の名を詠み込んで十番につがえた『源順馬毛名合(うまのけのなあわせ)』、「天地(あめつち)の歌」「双六盤(すごろくばん)の歌」のような遊戯的作品も多い。その表現は平淡ながら、ことば遊び的な要素が強い。その多彩な才能、現実的な性向から、『落窪(おちくぼ)物語』『うつほ物語』の作者に擬せられもする。三十六歌仙の1人で、家集『源順集』があり、詩文は『本朝文粋(もんずい)』『扶桑(ふそう)集』などに収められている。また『作文大体』『新撰詩髄脳』の著があったようである。[杉谷寿郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐したごう【源順】
平安中期の歌人、漢学者。三十六歌仙の一人。梨壺の五人に撰ばれ「万葉集」の古点や、「後撰集」の編集に当たった。家集に「源順集」があり、「無尾牛歌」などすぐれた漢詩文の作品が「本朝文粋」に収められ、百科的辞書「和名類聚抄」の著もある。また、「宇津保物語」「落窪物語」の作者にも擬せられている。延喜一一~永観元年(九一一‐九八三

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源順」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源順の関連情報

他サービスで検索

「源順」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.