Rakuten infoseek

辞書

源経信【みなもとのつねのぶ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源経信
みなもとのつねのぶ
[生]長和5(1016)
[没]承徳1(1097).閏1.6. 大宰府
平安時代中期の公卿歌人。道方の子で,俊頼の父。正二位権大納言にいたり,晩年に大宰権帥に就任。その博識多才は藤原公任 (きんとう) と並称され,当時の歌壇の権威であったが,『後拾遺和歌集』の撰者になることができなかったので,『難後拾遺』 (1097) を書いて批判した。漢文日記の『帥記』も残している。家集『経信集』があり,『後拾遺和歌集』以下の勅撰集に約 85首入集。母も三十六歌仙の源信明 (さねあきら) や公忠 (きんただ) の血筋を受けた歌人で,『経信母集』という小家集がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐つねのぶ【源経信】
[1016~1097]平安後期の公卿・歌人。俊頼の父。桂大納言・帥(そち)大納言とよばれる。博識多芸で、詩歌管弦に長じ、藤原公任(きんとう)と並んで三舟(さんしゅう)の才と称された。家集「大納言経信集」、歌論書「難後拾遺」、日記「帥記」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源経信 みなもとの-つねのぶ
1016-1097 平安時代中期-後期の公卿(くぎょう)。
長和5年生まれ。宇多源氏。治暦(じりゃく)3年(1067)参議。のち大納言,正二位にいたる。桂流琵琶(びわ)の祖で,詩歌にすぐれ,法令にも通じた。大宰権帥(だざいのごんのそち)となり,永長2年閏(うるう)1月6日任地で死去。82歳。桂大納言,帥大納言とよばれる。日記に「帥記」,家集に「大納言経信卿集」,歌論書に「難後拾遺」。
【格言など】夕されば門田の稲葉おとづれて葦のまろ屋に秋風ぞ吹く(「小倉百人一首」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのつねのぶ【源経信】
1016‐97(長和5‐承徳1)
平安後期の歌人,文人別称は帥大納言,桂大納言。民部卿道方の子。大納言から大宰権帥となり,大宰府で没した。漢詩文,琵琶にも秀でる多才の人として当代の歌壇に重きをなし,《高陽院殿七番和歌合》などの歌合の判者をつとめた。和歌のあり方として典雅な声調美と情趣ある趣向を求め,歌作は客観的叙景歌観照によいものがある。藤原通俊の撰進した《後拾遺和歌集》を低く評価し,《難後拾遺》を書いて論難した。家集に他撰の《大納言経信集》,日記に漢文体の《帥記(そちき)》がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなもとのつねのぶ【源経信】
1016~1097) 平安後期の廷臣・歌人。俊頼の父。帥大納言・桂大納言・源都督などと称された。大納言・大宰権帥。三船(詩・歌・管弦)の才を兼備。清新な歌風を示し、藤原通俊らと対立した。著「難後拾遺」、家集に「大納言経信集」「帥大納言集」がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源経信
みなもとのつねのぶ
(1016―1097)
平安時代の歌人、漢詩人。正二位民部卿(きょう)道方の六男、母は播磨守(はりまのかみ)源国盛の女(むすめ)で歌人。歌人俊頼(としより)の父。廷臣として六朝に仕え、1094年(嘉保1)正(しょう)二位大納言(だいなごん)に大宰権帥(だざいのごんのそち)を兼ねたが、1097年(承徳1)閏(うるう)正月6日任地に没した。82歳。『十訓抄(じっきんしょう)』『古今著聞集(ここんちょもんじゅう)』は、三船(さんせん)(詩、歌、管絃(かんげん))の才を賛美する。詩文は、『本朝無題詩』『中右記部類紙背漢詩集』に25首の詩、『本朝続文粋(もんずい)』『朝野群載』『本朝文集』に4編の文章、家記『帥記(そっき)』を残し、和歌は、『後拾遺集』以下の勅撰(ちょくせん)集に85首、家集『大納言経信集』を残し、『後拾遺集』を批判した『難後拾遺』を著す。藤原公任(きんとう)や能因(のういん)法師、和歌六人党の歌人たちの理念や方法を継承して、中世的な晴の歌(宮廷詩)の理論と詠法を完成させた歌人として和歌史上注目されている。[上野 理]
『上野理著『後拾遺集前後』(1976・笠間書院) ▽金原理著『源経信』(『中古文学と漢文学』所収・1987・汲古書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐つねのぶ【源経信】
平安後期の公家、歌人。宇多源氏。民部卿道方の子、俊頼の父。博識多芸の人で、藤原公任とともに詩歌管弦の三船に乗りうる才を称された。著に「大納言経信集」「難後拾遺」、日記「帥記」がある。長和五~承徳元年(一〇一六‐九七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源経信」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源経信の関連情報

関連キーワード

クヌット[2世]三条天皇エセルレッド[2世]ラージャラージャ[1世]エドマンド2世後一条天皇シンゴサリ王国福島第一原子力発電所事故おがさわら丸新銀行東京

他サービスで検索

「源経信」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.