Rakuten infoseek

辞書

源為義【みなもとのためよし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源為義
みなもとのためよし
[生]嘉保3(1096)
[没]保元1(1156).7.30.
平安時代後期の武将。義親の子。祖父義家の養子となり,家督を継いだ。天仁2 (1109) 年朝命により源義綱を攻めて降伏出家させ,その功により左衛門尉に任じられた。その後京都警備にあたり,摂関家に臣従した。久安2 (46) 年検非違使になり,京都の六条堀川に住んだので六条判官と呼ばれた。久寿1 (54) 年子為朝の乱行によって解官され,家督を嫡子義朝に譲った。保元の乱に際して崇徳上皇から召されて白河殿を守ったが,子義朝や平清盛らの属した後白河天皇方に敗れた。東国に逃れようとして失敗,義朝を頼って降伏した。義朝は父の助命朝廷に願ったが許されず,為義は斬罪に処せられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐ためよし【源為義】
[1096~1156]平安後期の武将。祖父義家養子となり、源氏家督を継ぐ。六条堀河に住み、六条判官と称す。保元の乱で子為朝らを率いて崇徳上皇方となり、敗れて殺された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源為義 みなもとの-ためよし
1096-1156 平安時代後期の武将。
永長元年生まれ。源義親(よしちか)の4男。祖父義家の養子となり,源家の嫡流をつぐ。左衛門尉(じょう),検非違使(けびいし)。保元(ほうげん)の乱で崇徳(すとく)上皇方につき,長男の義朝(よしとも)とたたかって敗北。出家したがゆるされず,保元元年7月30日処刑された。61歳。通称は六条判官。
【格言など】父を切る子,子に切らるる父,切るも切らるるも,宿執(しゅくしゅう)の(つたな)き事,恥ずべし,恥ずべし,恨むべし,恨むべし(「保元物語」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのためよし【源為義】
1096‐1156(永長1‐保元1)
平安末期の武将。源義親(よ)(しちか)の四男(一説に五男)。叔父義忠の,ついで祖父義家の養子となり嫡流を継ぐ。藤原頼長に臣従。六条堀河に住み六条判官(ほうがん)と呼ばれた。1109年(天仁2)2月14歳のとき源義家の弟義綱を近江で捕らえる。同3月左衛門尉,46年(久安2)検非違使(けびいし)となる。54年(久寿1)子源為朝の九州における乱行により解官(げかん),家督を長子義朝に譲る。56年(保元1)7月保元の乱で崇徳上皇・藤原頼長方にくみし敗れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなもとのためよし【源為義】
1096~1156 平安末期の武将。義家の孫。義朝・為朝・行家の父。源氏の家督を継ぐ。世に六条判官ともいう。保元の乱に崇徳上皇方について敗れ、後白河天皇方についた義朝の嘆願も及ばず殺された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源為義
みなもとのためよし
(1096―1156)
平安末期の武将。清和(せいわ)源氏の嫡流義家(よしいえ)の孫、義親(よしちか)の子。父が追討されたのち、叔父義忠(よしただ)の、ついで祖父義家の養子となって正嫡を継ぐ。六条堀河に住んだところから六条判官とよばれた。悪左府(あくさふ)藤原頼長(よりなが)の従者となる。源氏内紛の続発するなかで、1109年(天仁2)義家の弟義綱(よしつな)を追捕(ついぶ)、左衛門尉(さえもんのじょう)となる(14歳)。のち検非違使(けびいし)。54年(久寿1)男為朝(ためとも)の鎮西(ちんぜい)における乱行により解官(げかん)される。56年(保元1)7月、義朝(よしとも)を除く子息らを率いて保元(ほうげん)の乱に参戦、崇徳(すとく)上皇・藤原頼長方にくみして敗れる。同月30日、嫡男義朝によって、他の子息らとともに斬首(ざんしゅ)された。61歳。[飯田悠紀子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐ためよし【源為義】
平安末期の武将。義家の孫。義親の子。源氏の家督を継ぎ、検非違使となり六条堀河に住んだので六条判官といわれた。保元の乱で崇徳上皇方となり、子頼賢・為朝を率いて白河殿にはいるが、敗れて捕えられ殺された。永長元~保元元年(一〇九六‐一一五六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

源為義
みなもとのためよし
1096〜1156
平安後期の武将
義親の子。義朝の父。1156年保元の乱のとき,崇徳上皇方につき,その子義朝や平清盛と戦って敗北。乱後,義朝が助命嘆願したが許されず,斬られた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源為義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源為義の関連情報

関連キーワード

ウカイル朝永長日本年号一覧お茶の輸出郁芳門院石山寺永長嘉保笹子峠サンジョルジオ山

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.