Rakuten infoseek

辞書

源氏【げんじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源氏
げんじ
皇族賜姓の一つ。その由来について,一説には皇族にを発する意味とされる。平安時代初期,弘仁5 (814) 年に嵯峨天皇がその皇子,皇女8人に源朝臣姓を賜い,臣籍に下したのが始りで,治世一代の間,32人に源姓を賜わった。以後,仁明天皇は6人,文徳天皇は 15人,清和天皇は5人,陽成天皇は3人,光孝天皇は 35人,宇多天皇は2人,醍醐天皇は6人の皇子または皇女に,それぞれ賜姓している。 (1) 嵯峨源氏は信,弘,常など1字名を用い,1世源氏からは公卿8人を輩出,大いに藤原氏と対抗したが,寛平7 (895) 年左大臣融の死後,延喜~天暦 (901~947) 頃を境として次第に衰えていった。平安時代中期までの源氏長者は,この嵯峨源氏のものがその地位についた。 (2) 仁明源氏の場合,多,冷,光などの1世源氏は公卿となったが,2世以後は不振。 (3) 文徳源氏は1世源氏能有の後裔で,平安時代末期~鎌倉時代に,院北面,検非違使として活躍したものが少くない。 (4) 清和源氏。 (5) 光孝源氏。是忠親王以外多数にのぼる。 (6) 宇多源氏。 (7) 醍醐源氏は,盛明親王,兼明親王,高明などが賜わったことに始る。『西宮記』の著者高明が最もよく知られているが,安和の変で挫折した。 (8) 村上源氏。 (9) 花山源氏は,顕康に始り,神祇伯白川氏の祖。 (10) 正親町源氏は,智仁親王の子忠章に始り,広幡氏の祖。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源氏
みなもとうじ
源氏」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げん‐じ【源氏】
源(みなもと)の姓を持つ氏族の称。→源(みなもと)
源氏物語」の略。
光源氏」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源氏 みなもとし
?-? 鎌倉時代,土御門(つちみかど)天皇の女官。
源有雅(1176-1221)の娘。第2皇女曦子(ぎし)内親王(仙華門院)を生んだ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

防府市歴史用語集

源氏
 天皇からもらった姓の1つで、もらった天皇ごとにいくつかのグループにわかれ、一部が武士になっていきます。その中で最も力が強かったのが清和源氏[せいわげんじ]で、平氏を倒して、鎌倉幕府[かまくらばくふ]を開きました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

源氏
アサヒビールが販売する焼酎の商品名。甲類焼酎

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんじ【源氏】
賜姓皇族の一つ。賜姓皇族とは皇子・皇孫以下,天皇の子孫が臣籍に入って姓を与えられたもので,そのうち源(みなもと)の姓を賜ったものすべてが源氏である。賜姓のことはすでに奈良時代から見られるが,平安時代になると皇室経済の迫(ひつぱく)もあり,また皇子・皇孫の数も増加し,冗費をはぶく必要があったためか,皇族に賜姓してその整理をはかることが一般的傾向となり,歴代の天皇から多くの賜姓皇族が生まれた。そしてこの時代には賜姓の中でも源姓が圧倒的に多くなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんじ【源氏】
みなもと姓の氏族の称。814年嵯峨天皇が皇子に賜って臣下としたのに始まる。特に、清和源氏・村上源氏・宇多源氏・花山源氏が著名。源家。
「源氏物語」の略。また、その主人公。 → 源氏物語
〔源氏・平氏の旗色から〕 紅白の意を表す。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げん‐じ【源氏】
[1] 〘名〙
① 源(みなもと)の姓を持つ氏族。弘仁五年(八一四)嵯峨天皇が諸皇子を臣籍に降下し源姓を賜わってから以後、皇子賜姓の最も一般的な氏姓となり、清和源氏、村上源氏、宇多源氏、花山源氏などがあるが、特に清和源氏と村上源氏が長く隆盛であった。清和源氏はのちに東国に勢力を得て武家の棟梁として発展し、源頼朝や足利氏、新田氏もその子孫である。源家(げんけ)。みなもと。→(二)(一)。
※蜻蛉(974頃)中「ひきいれに、源じの大納言、物したまへり」
※日葡辞書(1603‐04)「Guenji(ゲンジ)。ミナモト ウヂ」
② 「げんじこう(源氏行)」の略。〔俳諧・独稽古(1828)〕
③ (清元浄瑠璃「田舎源氏露東雲」で、光源氏の役(役名は足利光氏)に用いられたところから) 演劇で、かつらの一つ。棒茶筌(ぼうちゃせん)のはけ先が、左右に割れた形のもの。ふつう、色気をもった若殿の役などに用いられる。
※南方録(17C後)台子「源氏、源平、十種、宇治、小鳥、烟くらべ等かやうの香方香会の時は」
⑤ 「げんじえ(源氏絵)」の略。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「女郎も、衣つきしゃれて、墨絵に源氏(ゲンジ)
※浮世草子・好色三代男(1686)四「風流屋っこ女と呼れ、源氏(ゲンシ)のゑりうら、鈍子(どんす)のぬいかへし帯」
⑦ (すべて源氏名をもっていたところから) 貴人の家につかえる奥女中の異称。
※雑俳・柳多留‐二九(1800)「源氏が寄ってかしましい御広敷」
⑧ 「ゆうがお(夕顔)」をいう女房詞。〔女中詞(元祿五年)〕
⑨ ナスをいう女房詞。〔東大本女中詞(1716‐36頃)〕
⑩ 主として、売春宿などと連絡をもち、客を連れこんだり、不当に高い代金を要求したりする不良車夫、不良運転手などをいう、盗人・てきや仲間の隠語。〔隠語構成様式并其語集(1935)〕
※濹東綺譚(1937)〈永井荷風〉一「ぽん引と云ふのか、源氏といふのかよく知らぬが、兎に角怪し気な勧誘者を追払ふために」
[2]
[一] 源氏諸氏族のうち、特に清和源氏をいう。桓武平氏とともに武家の棟梁となり、政権を握って幕府を鎌倉に開いた。
※更級日記(1059頃)「源氏の五十余巻、ひつに入りながら」
[三] 「源氏物語」の主人公、光源氏(ひかるげんじ)の略。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源氏の関連情報

他サービスで検索

「源氏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.