Rakuten infoseek

辞書

源氏香【ゲンジコウ】

デジタル大辞泉

げんじ‐こう〔‐カウ〕【源氏香】
組香の一。5種のをそれぞれ5包ずつ計25包作り、任意に5包を取り出してたき、香の異同をかぎ分け、5本の縦線に横線を組み合わせた図で示すもの。図は52種あり、源氏物語54帖のうち、桐壺夢浮橋を除く各帖の名が付けられている。後水尾(ごみずのお)天皇の時代に考案されたという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げんじこう【源氏香】
組香の一種。香木5種,それぞれ5炷(ちゆう)ずつ計25包を用意し,このうち5包だけ炷(た)く。5炷同香から全部異香まで52種類の組合せの可能性がある。は5本の縦線がから初炉,左端が5炉目を意味し,その聞(きき)(香を聞いた結果)は同香を横線で連結する図形で表示される。52の図形ができるが,香人はこの数から源氏物語54帖を連想し,各図形を初巻の〈桐壺〉と終巻の〈夢浮橋〉を除いて源氏各巻に宛てたものを源氏香之図と呼んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げんじこう【源氏香】
組香の一。五種の香木五包ずつ、計二五包から任意の五包を取り出して炷き、香の異同を図によって答えるもの。図は五二種あり、源氏物語の巻名(桐壺と夢浮橋は除く)をあてている。 → 源氏香の図

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げんじ‐こう ‥カウ【源氏香】
〘名〙 香道の組香の一つ。五種の香を五包ずつ作り、香元がそれら二五包から任意に五包とって炷(た)き、連衆が聞き分けて、その異同を五包の香に対応した五本線の源氏香の図で表わす。志野流内十組香、御家流中古十組香の一つ。
※後法興院記‐明応一〇年(1501)二月七日「有一昨日之源氏香之勝負銚子事也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源氏香」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源氏香の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.