Rakuten infoseek

辞書

源有仁【みなもとのありひと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

源有仁
みなもとのありひと
[生]康和5(1103).京都
[没]久安3(1147).2.13. 京都
平安時代後期の貴族。左大臣,従一位。後三条天皇の皇子輔仁親王の子。白河天皇に寵愛されて皇子となった。元永2 (1119) 年臣籍に下り,姓を賜わった。詩歌や書にすぐれ,主著『春玉秘鈔』『園記』『春翫記』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

みなもと‐の‐ありひと【源有仁】
[1103~1147]平安後期の公卿・歌人。後三条天皇の孫。源氏の姓を賜り、臣籍に降下、花園左大臣と称される。詩歌・書に通じた。日記「園槐記」、有職故実書「春玉秘抄」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

源有仁 みなもとの-ありひと
1103-1147 平安時代後期の公卿(くぎょう)。
康和5年生まれ。輔仁(すけひと)親王の王子。母は源師忠の娘。白河上皇の猶子。元永(げんえい)2年(1119)臣籍にはいる。従一位にすすみ,保延(ほうえん)2年(1136)左大臣。美貌で詩歌,管弦にすぐれ,儀礼に通じた。花園左大臣とよばれる。久安3年2月13日死去。45歳。日記に「花園左大臣有仁公記」。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

みなもとのありひと【源有仁】
1103‐47(康和5‐久安3)
平安後期の公卿。後三条天皇皇子輔仁親王の男。母は大納言源師忠の女。白河上皇の猶子となり,1115年(永久3)白河殿において元服したが,19年(元永2)源の姓を賜って臣籍に下り,従三位に直叙された。破格の優遇である。以後累進して22年(保安3)には20歳の若さで内大臣に昇り,さらに右大臣を経て,36年(保延2)左大臣に進んだ。47年正月病により辞官,ついで出家して成覚と号したが,2月13日没した。時の内大臣藤原頼長はその日記に,〈大臣人となり容貌壮麗にして,進退度あり,糸竹の道(琵琶および笙)に長じ,入木の様に習う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

みなもとのありひと【源有仁】
1103~1147) 平安後期の廷臣。通称、花園左大臣。後三条天皇の孫。詩歌・書に秀で、衣装に精通して朝廷の装束制度を改革した。日記「園槐記」のほか有職故実書がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

源有仁
みなもとのありひと
(1103―1147)
平安後期の公卿(くぎょう)。別荘が洛北(らくほく)の花園(京都市右京区)にあり花園左大臣とよばれた。後三条(ごさんじょう)天皇皇子輔仁(すけひと)親王の二男。母は大納言(だいなごん)源師忠(もろただ)の女(むすめ)。1115年(永久3)元服し白河(しらかわ)天皇の皇子とされたが、19年(元永2)源氏の姓を賜り臣籍に降下。内大臣、右大臣を経て36年(保延2)左大臣に上る。47年(久安3)1月病により辞職、2月3日出家し(法名成覚)、13日に没した。幼少から利発で美しく、白河・鳥羽(とば)天皇に愛され、鳥羽天皇は皇太子にとも考えたという。詩歌、音楽、書などに秀(すぐ)れ、装束(しょうぞく)の新制度を考案した。日記『花園左大臣有仁公記』(園槐(えんかい)記)、有職故実(ゆうそくこじつ)書『春玉秘抄(しゅんぎょくひしょう)』『秋玉(しゅうぎょく)秘抄』などがある。[吉田早苗]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

みなもと‐の‐ありひと【源有仁】
平安末期の歌人。輔仁親王第二皇子。法号成覚。従一位左大臣に至り、花園左大臣と呼ばれる。詩歌管弦にすぐれ、「金葉集」以下に二一首入集。著に「春玉秘鈔」「秋玉秘鈔」「園槐記」「春翫記」などがある。康和五~久安三年(一一〇三‐四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源有仁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

源有仁の関連情報

関連キーワード

鳥羽天皇エーリック1世マグヌス2世岳飛鄭樵鳥羽天皇営造法式ハインリヒ[4世]J.C.ペニー[会社]

他サービスで検索

「源有仁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.